2010. 11. 16 火曜日

一緒にものをつくる

11月末から12月はケータリングが忙しくなる時期ですが、いつもお声をかけていただくところもご新規の方も、この冬は全てお断りしています。申し訳ありません。
理由は「てっぱん」のスケジュールが読めないというのが大きいけど、これから2月までは、ずっと続けている連載&てっぱん出来るだけ集中したいのです。何せオカズデザイン、3人だけでやってる会社ですし。
面白かったのは、ドラマの中で鰹節屋の社員を演じている川中美幸さんにもケータリングのご依頼いただいたこと。おいしいと思っていただいているからこそで、うれしかったです。
下の写真は、写真家3人の会社crossoverさんのケータリングの折、昨年撮っていただいたもの。

そんな中ですが、来年の活動準備も少しずつ始めています。
数日前、中川ちえさんと久しぶりにさし飲み。
ゆっくり話ができて、時にはっとするようなヒントをもらいました。

カモシカでの第一回イベント「酒と肴と器と」を、ちえさんと一緒に企画したのは、2年半前のこと。
またやらないのかというお声をいただきますが、時間がたち付き合いも深まり、もっと濃密なことが出来たらと考えてます。
器屋のご店主であり物書きでもあるちえさんと、デザインと料理と共に歩むオカズデザイン。
二者でないと出来ないこと、一過性のことでなく長く続けられること。
ちえさんだけでなく、いいと思うことを共有できる相手とじっくり今後の企画を立てていきたい。

のろのろとだけど日程ふくめお話が具体的に進んでいるのは、木工の渡邊浩幸さん、陶芸の吉村和美さん、洋服の+capsuleさん、アアルトコーヒー庄野さん。
あと、これから企画を練っていく作り手さん何組か。
年末はこの作家さんたちに会いにいく旅に出れないもんだろかと画策中。
単独企画の喫茶カモシカも、もちょっと長めにやりたいなと思ってます。
どうぞ楽しみにしていてください。