2011. 3. 31 木曜日

4月のカモシカ・エプロン編

地震があってから、色々なことを考えています。
もの作りにとって今まで以上に厳しい環境になると思う一方で、見た目と中身が伴った本当にいいものが必要とされる流れが来ているのではないか。そんな風にも感じています。
いいものを必要な時に買う。同時に不必要なものは手放し、まだ使えるものは譲っていく。
使い込むほど味が出てよくなっていくものが、最小限ある生活。
4月のカモシカ企画も、そんな流れの一端を担えたらと思っています。

なんて覚悟をしているうちに、あと1週間たらず。
まずはなんといっても、今回の主役であるエプロンをご紹介します。

さりげないのに実に丁寧に作られていて、着込むほど風合いがよくなっていく+CAPSULEさんの服。
うちのユニフォームをいつか作ってもらえたらいいなーと勝手に妄想していたところ、巣巣さん介して出会うことが出来ました。そして、なんと本当に作っていただく流れに。
その時にオカズが出した要望は、大体こんな感じ。

・シンプルで上質なもの
・老若男女に似合う
・下半身だけでなく、上半身もきちんとカバーする
・足さばきの良さやポケットの大きさなど、機能面を重視
・首がこるなど、体に負担がないもの
・着込むほど風合いがよくなっていく
・どこかにほんのり遊びがある

いやー、本当に難しいお願いをしたと思います。
しかし見事に応えてくださり、理想通りのリネンエプロンを作っていただきました。
普段の仕込みはもちろん、結婚式の出張料理のような場でも使いこなせる、丈夫かつ品がよい素晴らしい作業着です。
作ってから2年たったこともあり、若干の改善とバリエーションを加え、晴れのお披露目となりました。

色は白とキナリの二色で、上の写真はどちらも白。台所によく似合います。
男性がワンピースタイプ。DMで着ているのもこちら。
女性が着けているのがギャルソンエプロンで別売りのベストもあり、組み合わせてもかっこいいです。
これらは今回のオリジナルですが、他にも+CAPSULEさんが手がけられたエプロンや、定番のエプロンワンピースもそれぞれ数種類ご用意。
頭にまく布も、さまざまな色のくみあわせがあります。
さわっているだけで心地いい、長くつきあっていける一生物の台所着。
ぜひ手に取って見ていただけたらうれしいです。

今回の企画では、売上の一部を東日本大震災の義援金として寄付をさせていただきます。
金額や振込日は企画終了後、おって当ブログでご報告します。
たくさんのご来店、お待ちしています。