2011. 4. 4 月曜日

4月のカモシカ・ボーダー編

さて。いよいよ残すところ「ボーダーシャツとエプロン」受注会まで数日。
もうちょい内容のご紹介続きます。
今日はこのイベントの相方である+CAPSULEさんのお話です。

+CAPSULEさんは、デザインはもちろん、パターン製作から縫製、仕上げ・発送にいたるまで、お一人でやられています。
それを声高に言わないのは、作家やアーティストではなく職人(メーカー)でありたい、手作業かどうかは分からなくてもよく、ただ「いい」と思って長く着てほしいという考えから。
+capsuleさんの服が着る人を選ばず、その人らしさをすっと引き立ててくれるのは、こんな姿勢からも来ているのだろうなと感じています。

私達がいいと思う作り手さんは共通して、静かな覚悟を芯に持たれているように思います。
普遍的なものを丹精こめて作りながら主張せず、自分の気配を消し、素材そのものを浮き立たせている。
その真摯な姿勢は、言葉にせずとも作品から伝わってきます。
オカズデザインもそうありたいと思いながら、まだその域にいけませんが、実行されている方に「こっちだよー」と常に道を照らしてもらっているように思います。

ガーゼボーダーシャツは、+CAPSULEさんが大切に作られてきた定番。
今回はより着心地のよさを追求した、ボーダーシャツの新ブランド「SEEP」のお披露目となります。
SEEPは染み込むという意味だそう。
ボーダー柄の布から作ったシャツではなく、身頃や袖、それぞれに一番しっくりくるように考えた位置と細さで抜染しているのです。その手間を考えると、もう、ただ頭が下がります。
じわりと布に染み込んでいく染めのように進化し続けるボーダーシャツ。
色の組み合わせは5パターン。
お気に入りの1枚を見つけていただけたらと思います。

2011. 4. 3 日曜日

NHK「てっぱん」終了しました!

ブログに「!」を使うのは避けようと決めているのですが、しかし、使わずにはおれません。
1年以上関わったNHK連続テレビ小説「てっぱん」。
昨日4/2に無事終了しました!わー!!

思えば井上チーフ監督はじめ演出部の皆様が大阪からやってきて、料理を担当してほしいと言われたのがちょうど1年前。
一つのことを大勢で作り上げていく映画は、喜びと刺激は果てしないけど消耗も大きく、映像の仕事はもうやらない。と決めていた矢先のことでした。

著名なフードスタイリストさんがたくさんいらっしゃる中、映画一本に関わっただけの料理人に依頼するというのは異例のこと。加えて、大阪と東京の距離。
私達も戸惑いましたが、てっぱん演出部にとっても大きな賭けだったと後から聞きました。
それでもやってみようと思えたのは、このチームとだったらごくまっとうな料理を作れるのかもしれない。
料理ひとつにまっすぐな想いをぶつけてくる、この人たちの作るものに関わってみたい。
そんな気持ちからでした。

終えた今思うのは、あの時感じたことは間違っていなかったということ。
そして大きな大きな「ありがとう」という気持ちです。
毎日笑い、泣き、感動してもらえる作品に関わることが出来て、日本中でおいしそう、食べたいと言ってもらい。
こんな幸せなことはありません。
長いようで、あっという間の1年でした。
この経験はわたしたちの根っこを、さらに確たるものにしてくれたように感じています。
てっぱんのキャッチコピー「かならず腹はへる。かならず朝は来る。」
ここ最近、この言葉がいっそう輝いてみえます。

毎日観て下さっていた皆様、本当にありがとうございます。
また、チームてっぱんの皆様。そして現場でのサポートはじめ、色んな知恵やご協力をいただいた関西在住の友人達。心から感謝しています。ありがとう。
今、DVD発売の準備に走り回っています。それで、てっぱんの仕事は一区切り。
無事発売となったら、てっぱんダンス踊って祝杯あげたいと思います。

てっぱんの台本

そうそう、お知らせです。
てっぱんの中で反響が大きかった料理の作り方をご紹介した動画「てっぱんごはん」。
てっぱん公式HPで公開中です。
先に公開された玉子丼・きつねうどんに続き、グラタンや大豆ご飯、コロッケなど5品が追加されました。
ぜひ作ってみてください。

2011. 4. 1 金曜日

4月のカモシカ・小喫茶編

4月8日からの「ボーダーシャツとエプロン」展では、お気に入りのエプロンを見つけながらくつろいでいただけれように、喫茶スペースを設けます。
あくまで服の展示受注会なので、8席だけ。
メニューも喫茶カモシカよりさらに控えめです。

◇スープとパン
◇テリーヌのサンドイッチ
◇ショートブレッド 
デルベアのバウムクーヘン

◇ホットコーヒー
◇京番茶
◇レモネード
◇瓶ビール

ラストオーダーは17時。
食べ物はそれぞれ10食程度のご用意で、全て売切れ次第終了となります。
土日の終日・平日のランチタイムは混雑が予想され、長くお待ちいただく場合もありますので、ご了承いただければと思います。
ゆっくりしていただくには、平日午後遅めのご来店をお薦めします。

カモシカは古い家屋で、気温が低い日は暖房をかけていても底冷えがします。
靴をぬいで店内に入っていただくこともあり、足元が冷えやすいので、充分に温かくしておいでください。

カモシカの地図と連絡先はこちらです。
地震の影響により交通機関の運行状況が変わりやすいので、気をつけてお越しください。
すぐ近くの緑道では桜も咲き始めています。
花見がてら、ゆっくり散歩も楽しんでいただけたらと思います。