2011. 11. 23 Wednesday

12月のカモシカ「黄色」

「黄色」DM表

なんと、もう12月の企画をお知らせする時期となってしまいました。
足掛け2年近くこつこつと温めてきた、器作家・吉村和美さんの展示受注会を催します。
吉村さんの想いがつまった、新色の黄色い器を発表します。
料理が映える、温かく美しい色合いと形。
黄色・グレー・漆黒・白の4色で、皿とスープ椀を中心に揃えてくださいます。
※4色のみの展開です。青や藤色の器はありません。ご注意ください。

いつも大人気の吉村さん。
個展では長い行列が出来て整理券が配られたり、開店3分で完売したりと様々な伝説を作られていますが、今回は落ち着いて選んでいただくために受注会にしました。
最終日でも気に入った器をお買い求めいただけますので、ご都合のいい日時にゆっくりと選びにいらしていただければと思います。
器のお届けは来年3月から。あたたかくなって春野菜も出まわる季節です。
黄色い器に、菜の花のおひたしや新玉葱のポタージュなど盛っていただいても映えると思います。

器の展示がメインなので、喫茶席はいつもの半分、8席のご用意となります。
混雑時は長くお待ちいただくこともありますので、ご了承いただければと思います。
14・15・16の3日間は、吉村さんの器を使ったスープとパンのセットも召し上がっていただけます。1日20食で、ご予約の方優先となります。
メニューの詳細、ご予約の受付開始日などは今月末に告知する予定です。もう少しお待ちください。
黄色い器が誕生するまでのよもやま話も、このブログでお知らせ出来たらなと思っています。


12月のカモシカ「黄色」
吉村和美 展示受注会

12/13(火)~18(日)
11:00-18:00(最終日18日は17:00まで)
喫茶open 12:00-17:30(最終日18日は16:30まで)

  • カモシカの地図と連絡先はこちらになります。
  • 吉村さん在廊日は、13・14・18です。
  • カモシカは古い家屋で、冬は底冷えがします。靴をぬいで店内に入っていただくこともあり、特に足元が冷えやすいので温かくしておいでください。
  • 2011. 11. 20 Sunday

    音楽と料理

    良原リエさんのイベント、昨夜終了しました。
    リエさんの音楽はほんとうに素晴らしかった。色っぽく軽やかな中に陰影がある。歌もよかったな。
    私たちもリラックスして料理を楽しんでいました。
    演奏中も食べてほしいというリエさんの趣旨で、無花果を焼く音、調味料をじゅっとかける音が音楽と重なる瞬間があって、どきどきしました。

    いつか会えると(しかもお互いに!)思っていた山角さん、名ライターの一田憲子さんと出会えたり、久しぶりの友人夫妻の元気そうな顔を見れたりとうれしいお土産つきの夜となりました。
    文字通り、干し柿やらかぼちゃやらお土産もたくさんリエさんからいただく。
    トイピアノやアコーディオンの音が体に残っていて、ほんわか幸せ。
    山角さんからいただいたパンを食べながら、昨日の余韻をかみしめています。

    昨夜、今年はじめての「よいお年を」を言いました。もうそんな時期なのだな。
    来年は書籍に力をいれます。実に3年ぶり、武者ぶるい中。

    2011. 11. 15 Tuesday

    今週来週のイベント

    喫茶カモシカスペシャル、無事終わりました。
    毎日のように足を運んでくださった方も、お忙しい中駆けつけてくださった方も、雨の中オープンを待ってくださった方も、本当にみなさまありがとうございました。
    そして、この日のためにとびきり美味しいお菓子を用意してくださった歩粉の磯谷仁美さん・ヨーガンレール牧野里香さん・桑原奈津子さん・なかしましほさんに心から感謝しています。
    お菓子は今までももちろん大好きでしたが、「サロン・ド・テ」内田真美さん、そして今回の4人のお菓子作家さんに触れたことで、こんなにも人を幸せにするものなのだと教わりました。
    料理とはまた違うお菓子のよさを思う存分感じた11月企画となりました。おやつってすごいです。

    11月後半はイベント参加が続きます。どちらもとても贅沢な企画です。

    まず一つ目。
    今週19日金曜日、良原リエさんの秋のライブ『音楽家の暮らし展』に料理係として参加します。
    ご存知の方も多いと思いますが、リエさんはアコーディオン、トイピアノなど、ノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。
    昨年春にモロッコ料理担当で参加した、彫刻家・前川秀樹さんの幻燈上映会で音楽を担当されていて、すっかりファンになりました。
    庭仕事や保存食作りを日々楽しまれている料理家でもあり、今回はじめて本を出版されます。

    その本に出てくる実においしそうな料理をオカズデザインが自分の中で噛み砕いてアレンジ、皆様にお出しするというスタイルです。
    出版記念イベントで人のレシピを料理、自由に変えてほしいというご依頼はもちろん初めて。
    自分の楽曲をほかのアーティストに弾いてもらうように、オカズデザインがインスプレーションしたご自分の料理を楽しみたいというリエさんの発想に惹かれ、お引き受けしました。
    リエさんの庭のハーブもふんだんに使いたいと思います。
    ライブの詳細やお申し込みはこちらまで。

    もう一つは、来週の松本・ラボラトリオでの食事会
    成井恒雄さんの器にラボラトリオの天然酵母マフィン(そりゃもー絶品です)を使って、ランチをお出しします。
    前日に乗り込み、松本の市場をまわって食材探しする予定。
    静謐なラボラトリオでどんな料理が生まれるのか、自分たちもわくわくしています。
    井藤昌志さん一家ともこの夏一緒に旅行して以来の再会。楽しみでなりません。

    当日は三谷龍二さんのお店・10センチもオープンされています。
    秋の松本小旅行をかねて、どうぞお出かけください。

    ◇オカズデザインのお食事会
    11月25日(金)
    第1回 11:30〜 第2回 13:30〜
    各回12名様 (要予約)
    参加費 2500円
    予約受付 ラボラトリオ ℡0263−36−8217まで

    2011. 11. 10 Thursday

    ゾロ目最終日

    喫茶カモシカスペシャル、11月10日桑原奈津子さんのお菓子の日も先ほど終了。
    なっちゃんと、連日手伝ってくれた井田先生とちょこっとだけ祝杯を上げてきました。
    ファーブルトンのかけらをなっちゃんが温めて食べさせてくれたのですが、もーおいしくておいしくて。
    素っ気ないのに丁寧、このバランス感がなっちゃんらしいなと思いました。
    1個食べれたお客さまが心の底から羨ましい。

    喫茶もずっと混み合い、タイミングによって1時間以上お待ちの方も多くいらっしゃいました。
    大変申し訳ありません。
    昼から16時まではきりなくお客さまがいらしてくださって、タイミングによってはお待たせしまう時間も長くなってしまいます。
    明日の最終日なかしましほさんの日は、雨模様でさらに冷え込むようなのでこれまでのように近くの緑道でお待ちいただくのも難しく、うーんうーんと先ほどから頭をなやませています。
    歩いて5分かからない場所にガストがあるのですが、そこでお茶でもしていただきながら待っていただくのが一番ご負担ないように思います。
    場所はこちらです。ご参考まで。

    なにしろ111111のゾロ目。
    すんごいいいこと起きない訳ないね、としほさんと話しています。
    準備が長く果てしなかったので、終わるのがいまいち実感がなくいま不思議な気持ち。
    ぜーんぶ手放してまっさらな気持ちで、ひとつひとつの料理、一人ひとりのお客さまやスタッフ、しほさんと向き合いたいと思っています。
    みなさまのご来店をお待ちしていますね。

    2011. 11. 9 Wednesday

    明日以降の喫茶オープン時間変更します

    喫茶カモシカスペシャルの初日・歩粉さんの日が無事終了しました。
    平日にもかかわらず想像以上に多くの方が足を運んでくださり、ありがとうございました。
    歩粉さんの力と皆様のお菓子への熱い想いをひしひしと感じました。
    歩粉の磯谷さん、ちあきさん、本当にありがとうございました!
    終始明るい笑顔でやわらかく接してくださり、なんと心強く楽しかったことか。
    写真はゴルゴンゾーラとくるみのスコーン。お酒にもばっちり。

    歩粉のスコーン

    ただ、長くお待たせしてしまった方も多く、明日のヨーガンレール牧野さん以降どんどん改善したいと想います。
    開店直後、多くの方が持ち帰り用のお菓子に集中されるのと、喫茶に料理・飲み物・お菓子の注文が一気に来てしまうことが、対応が遅かったり手薄になることの原因かと思います。
    テイクアウトだけの方も、磯谷さんとお話されたかったのではないかなあと、皆様にも磯谷さんにも申し訳なく思っています。

    この反省をふまえ、明日11/9からはお菓子の販売は11時、喫茶は11時半からのスタートとさせていただくことにしました。
    牧野さんご本人も販売を担当、直接お話することも出来ます。
    そして少し空気が落ち着いた後、喫茶オープン。喫茶のご案内は、並んでいただいた順にご案内させていただきます。
    タイミングによっては(特にお昼時は)店内にご案内するまでに長くお待たせしてしまうこともあります。本などご持参いただき近くの公園でゆっくりしていただけたらと思います。
    カモシカ近くのお薦めの場所はこちらの記事をご参照ください。

    急な変更、ご案内で申し訳ありません。
    いらしてくださった皆様に楽しんでいただけるよう、お菓子係のみなさんとおいしい豊かな時間を紡げるよう、一日一日大切にしたいと思います。
    どうぞよろしくお願いいたします!