2011. 11. 5 Saturday

11/10 桑原奈津子さんの日

桑原奈津子さんと出会ったのは4年くらい前。
今は大きなフェスとなったもみじ市がまだ小さなお寺でやっていた頃です。オカズデザインはレモネード屋として出店していました。
すでに大人気の料理研究家だった桑原さん、開場するとひときわ賑わっていました。
手にしているお客さんがとてもうれしそうににこにこしていて、一体どれくらいおいしいのだろうと思いながらも遠くから人ごみを熱く眺めるばかりでした。

願いかなって口にすることができたのは、もみじ市主催ご夫妻の結婚式。
私たちは料理を、桑原さんはお菓子を担当。隣のテーブルのよしみでチーズケーキをいただきました。
すーっと体に溶けていくような透明な味わいに、ただただ驚きました。
なんの抵抗もなく心地よく、水みたいに体に染み込むお菓子。
こんなお菓子を作る人がいるんだ、と鳥肌が立ったのを覚えています。

それをきっかけに、お菓子はもちろん、やわらかいけど飾らない味のある人柄にも惹かれ、じわりじわりと仲良くなっていきました。
知り合うほど、桑原さんの作るものや世界をもっと密に感じたい気持ちも強くなり、単なる料理とお菓子の組み合わせではなく、何か特別な機会にお誘いしようと決めていました。
そして今回ご一緒出来ることに。ただただ、嬉しいです。

桑原奈津子 ファーブルトン

新刊の準備中で大変お忙しく、在廊できるかはっきりしていなかったのですが、当日カモシカにいらしていただけることになりました。うわーい。
気になるお菓子はキャラメルバナナチーズケーキ、バナナのスコーン。
そして、写真のファーブルトンを作ってくれます。見てるだけでとろけそう。
素朴で火の香りがして大好きなお菓子なので、とても嬉しい。喫茶では温めてお出しします。
コーヒーやワインはもちろん、バナナのようなやわらかな香りと甘みの白ビールと合わせるのも面白いかも。
テイクアウトには、バナナスコーンと自家製ドライフルーツぎっしりの胡桃バーをご用意いただけるそう。
皆様のご来店お待ちしています。

11/9 ヨーガンレール牧野里香さんの日

見てください。この問答無用な美しさ。
もーこれだけでワイン飲めそう。たまらん。

最初に牧野里香さんのお菓子を食べたときに感じたのは、この澄み切った圧倒的な静かな美しさ。
ヨーガンレールは社員食堂の料理ももちろんおいしいけど、私達が強い印象を持ったのはお菓子。一目惚れのような強い衝撃を受けました。
私はかねがね、本当にいいものは心が湧き立つのではなくてしんと静まっていくように感じるのですが、今回の四人のお菓子はまさにそう。
里香さんの場合、お菓子を作りながらもデザイナーとして一線に立ち、美しく健やかなものを生み出し続けている姿勢や生き方そのものなのかもしれません。
この写真も里香さんご自身が撮られたもの。唸るばかりです。
同じ作り手として知り合うことが出来て、今回間近でお仕事を見させていただくのは本当にうれしいし、刺激をたくさんいただいています。
こんな小さな食堂に牧野さんが来ることを許していただいた、ヨーガンレールさんにも心から感謝しています。

今回私たちが里香さんからいただいたお題は、ワインとお菓子との組み合わせ。
このオーガニックチョコレートのナッツバーは控えめな甘さでナッツの甘さが引き立っていて、これをちびりちびり、まるみがあって濃すぎない赤ワインを合わせたいなあ。
すっきりと香りが高い白とあわせても面白い。
里香さんお薦めのシナモンティーとの相性もばっちり。香りがはなやかすぎず、品がいいのです。
他にご用意していただけるのは、ナッツがぎっしり入ったスパイシーナッツケーキ、焼きたてほやほやの米粉マフィン、チョコナッツケーキ。
豆乳のクリームやジャムを添えてお出しするものもあります。

喫茶のメニューはいずれもテイクアウトができ、スパイシーナッツケーキはホール(1本)でもお持ち帰りいただけます。これは私の大好物。
小さいのにずっしり重く、一切れでも大満足なのです。
シュトーレンのようにちびりちびり、冬の楽しみにするのもお薦めですよ。