2014. 5. 29 Thursday

泡ずらり。

明日から「泡ハム」スタート!初日の泡は8種類くらいお出しします。
永福町の松坂屋酒店さんのご協力のもと、函館の農楽(のら)&山梨・四恩醸造の稀少スパークリングワインがずらり。顔がにやけます。
また、大好きなBEAU PAYSAGEのかすかな発泡もの、札幌出張で出会ったばんけい峠のワイナリーのシードルなども揃う予定。

泡たち

信頼している農家さんからおいしい野菜も続々と届き、仕込み真っ最中。
千葉の宮本さんから掘りたての新玉葱が届いたので、半年熟成させたグアンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)でさっと炒め、グリーンピースたっぷりのラグーソースを仕込んだところ、あまりのおいしさにくらくら。
明日はパスタ仕立てでお出ししようと思います。
贅沢にも初鰹を使った自家製ツナ
北海道から持ち帰った百合根と新ごぼうをたっぷり入れ込んだミートローフ
無農薬のアスパラとベビーコーンのフリットにとろっとろの半熟卵添え
などなど、酒もってこーい!な料理をずらり揃えますよ。
主役のロースハムやサラミもいい具合に仕上がっています。
お腹すかせてきてくださいねー。

また、呑んだ後はやっぱりコーヒーもほしいよね、という方に朗報。
aalto coffeeさんが焼きたてほやほやのコーヒー豆を本日送ってくれました。
ドリアンさんのパンと共にテイクアウトして、翌日の朝食に楽しむのも素敵です。

2014. 5. 28 Wednesday

「泡とハム」とパン

いよいよ明後日に初日を迎える国産スパークリングワインバー「泡とハム」!
たくさんのご来店お待ちしています。

企画を考えた時からワインとハムに寄り添うパン、今回はどうしたもんかなと悩んでいました。
身近に素晴らしいパン職人が何人もいるのでなおさら。
それぞれ酒にどんぴしゃりのそそる味わいにしてくれるのがイメージ出来て、決めきれないまま北海道出張へ旅立ちました。

そして帰ってきた日の朝ごはん。
簡単でいいよねと目玉焼きを焼いて、冷凍にしてあったパンをオーブンで焼いて口にほおばった瞬間。
ああなんて静かで力強くておいしんだろう。こういうパンが理屈抜きで好きだ、と強く思いました。
そのパンは、不思議な縁で今月お会いした広島の名店「boulangerie deRien(ブーランジェリー・ドリアン)」田村陽至さんのカンパーニュ。
いてもたってもいられず、だめもとでお願いしたところ「『泡とハム』行きたいなーって思ってたくらいなのでもちろん!」とご快諾。わーいわーい!!

derien_bread

ドリアンのスタイルはストイックです。
パンの種類はわずか3つ。国産の有機の粉を石窯で田村さんが焼き、奥さまの芙美さんが販売されています。
上はドリアンさんからお借りした写真。ただただ美しいなあ。

今回お願いしたワイナリーたちも、家族やご夫婦単位の小さな小さな規模ながら、心と体に染み渡る素晴らしいビオワインを作られています。
主張し咲き誇るような味ではなく、一つ一つ積み重ねた作業の上での透明で滋味深い味わい。
向いている、目指す方向が一緒の両者。ぴたり寄り添うのはとても自然だなと感じています。

今回登場するのはカンパーニュ・スベルト小麦のエポートル・パンデビスの三種。
テイクアウトも出来るように多めにパンをお願いしました。
売切れ次第終了となりますのでお早めにどうぞー!

ドリアンのHP「about」に載っている、フランス・アルザスワインの巨匠マルク・テンペ氏に田村さんが会った時の話が好きで、何度も読み返しています。
勇気がむくむくもらえ、心が引き締まります。要チェックですよ。

2014. 5. 23 Friday

5月のカモシカ「泡とハム」

5月のカモシカはとても心地いい季節。
夕方から窓を開け放って、3日間だけの国産スパークリングワインの食堂を開きます。
その名も「泡とハム」。

家族経営など小規模ながら、素晴らしいビオワインを作り続けている日本のワイナリーのスパークリングワイン・微発泡ワイン・シードルなどをずらり。
また「器と料理」を掲げるカモシカらしく、泡を楽しむグラスは木村硝子店さんのご厚意により3種類のシャンパングラスをご用意します。
グラスによってワインの印象が異なるのを楽しみながら、この機会にご自分にぴったりと寄り添うシャンパングラスに出会っていただけたらと思います。※シャンパングラスは予約注文を承ります

imgp6045

営業時間は17時から22時まで(ドリンクラストオーダー21時半)。
キャッシュオン/スタンディングスタイルです。
夕涼みのピクニック気分で、お気軽に遊びにいらしていただければ嬉しいです。

料理は自家製ロースハムやサラミはもちろん登場。
仕入れ次第ですがアスパラガスやベビーコーンのフリット、空豆のパスタ、フレッシュハーブとリコッタチーズなどの爽やかな王道野菜料理も作りたいと思っています。
テイクアウトできる季節の瓶詰めやキッシュもご用意できたらいいなあ。

awa04

また、最終日の6/1の夜はスペシャルゲスト!
ご存知・生ハム番長「SALUIMERIA69」新町賀信さんがスライサーを抱えて20時ごろ登場してくれます。
写真は昨年11月に69さんが来てくれた時の一皿。
今回も心も体もとろける素晴らしいハムをどっさり持って来てくれます。どうぞお楽しみに。


 

5月のカモシカ「泡とハム」
5/30(金)・5/31(土)・6/1(日) 17時~22時(ラストオーダー:料理21時、ドリンク21時半)

  • カモシカの地図・連絡先はこちらです http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間です
  • キャッシュオン形式の立ち飲みとなります
  • ご予約は不要ですが、混雑時はお待ちいただくこともあります
  • SALUMERIA69さんの生ハムは6/1・20時頃からご提供となります