2016. 2. 21 日曜日

2月のカモシカ・藝のお茶菓子

hirugei_monaka02

ご飯に引き続き、みなさまお楽しみのおやつのご紹介です。
トップバッターは蒜山耕藝の小豆あんと皮で作った最中。ひとつひとつ注文を受けてからお作りするので、さくさくしっとりです。
最中の皮も、彼らのもち米で作ったもの。薄い皮ひとつでこんなに味が変わるなんてと衝撃を受けました。
会期後半は、オカズデザインのバニラアイスも足したアイス最中バージョンも登場するかもです。

小腹がすいた方には、蒜山耕藝の丸餅もお薦め。
しっとりなめらかな、きなこ白餅。大根おろしと醤油を絡め、香ばしさと甘みが口中に広がる揚げ玄米餅。
お腹一杯でもするする入ってしまう、素晴らしいお餅。お茶はもちろん、お酒にもよく合います。
もちろん、きなこも大根も蒜山耕藝の素材です。
すべてご自分達で育て収穫したおやつの豊かな味。一口ほおばると、その味の広がりと美しさが分かると思います。たくさんの方に召し上がっていただきたいなあ。

そして嬉しいサプライズ!
堀仁憲さんご夫妻・蒜山耕藝と共にご縁が深いfoodmood・なかしましほさんが、藝の食卓のためにクッキーボックスを作ってくださいました。限定60箱、売切れ次第終了となります。
今回のために開発してくださった蒜山きなこクッキー、そしてチョコグラノーラ・レモンとココナツの3種のクッキーが入ったスペシャルボックス。
きなこクッキー、どんな味わいかなあ…うっとり妄想しています。

さらにさらに初日23日(火)は、しほさんがカモシカにやって来てくれて、蒜山耕藝の小豆あんをつかったシフォンサンドを作ってくださることに!
写真を見るだけで、しっとりふんわり、きれいな味わいが伝わってきます。

foodmood_chiffon2

お昼のコースのデザートとしてお出しした後、15時からのお茶の時間にも召し上がっていただけます(テイクアウトのご用意はありません)。
コースを全て召し上がっていただくのに時間がかかりますので、この日だけは12:00 / 13:30の2回、各10名さま・3500円とさせていただきます。当日朝10時から、お電話にてご予約を承ります。
15時以降のお茶の時間はご予約不要で、お席が空き次第順番にご案内させていただきますが、混雑が予想されるため室内でお待ちいただくのが難しい場合もあるかと思います。
どうぞ温かな服装でいらしていただければと思います。
ラストオーダーはいつものように17時です。みなさまのご来店、お待ちしています。

そしてコーヒー。
企画の内容をお伝えして、イメージに添ったコーヒーを焙煎してくれるcoffee Kajitaさん。
無農薬無肥料で澄んだ味のコーヒー豆を作り続けている、Kajitaさんお気に入りのパナマの農園の豆だけを使いますと、熱いメッセージが来ました。
果肉がついたもの(ナチュラル)ととったもの(ウオッシュ)をあわせた「藝のブレンド」。
蒜山の湧き水をつかって淹れて、堀さんの器に注いだらどんな素敵なことになるだろうとわくわくしています。

また、蒜山の森に自生するクロモジと、同じ真庭市のお茶をブレンドした蒜山茶。TEALABO tさんがブレンドしてくださいました。
清々しい森の香りと澄んだ味わいの、今回の展示のためのお茶です。
試飲させてもらったところ、森で呼吸しているように体がふんわりとほぐれ、気持ちが静まっていきます。
こちらもどうぞお楽しみに。


2月のカモシカ 堀 仁憲・蒜山耕藝二人展「藝の食卓」
2016年2月23(火)-29(月)
12:00-18:00(最終日29日は16時まで)

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです。http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間です。古い家屋で足元が冷えやすいので、あたたかな服装でおいでください
  • 食事席は8席です。混雑時は長くお待ちいただくこともあります。ご予約は当日の午前10時より電話にて受け付けます(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります)