2019. 1. 26 土曜日

二月のカモシカ「山の雫」器料理会 ※キャンセル待ち受付中

ゆっくりと食事やお茶をとっていただき作品に触れる中で、この先もずっと付き合っていきたいと思える一枚の器に静かに心が定まる。
カモシカで大切にしている時間と流れを象徴する8名さまだけの特別な会を、展示会「山の雫」に先駆けて間催します。

市川孝さん・蒜山耕藝 高谷ご夫妻をお招きしてともに食卓を囲みながら、今回の展示への想いや日々の暮らし、お薦めの使い方など、様々なお話を伺えたらと思っています。
オカズデザインが月の半分を暮らす蒜山中和村から澄みきった湧水と蒜山耕藝の作物、地元の森や海の食材をふんだんに使って、十皿のお料理をお出しする予定です。

飲み物は鳥取・日置桜の燗酒や日本のナチュラルワイン、TEALABO.t武内由佳理さん、coffee Kajita梶田真二さんが今回も展示にあわせて特別な紅茶とコーヒーを準備してくださいます。
また、お食事前に展示作品をゆっくり見ていただき、ご購入いただくことも可能です。

本日より先着順に受け付け、オカズデザインからの返信をもってご予約完了となります。下のアドレスに必要事項をご明記の上、メールをお送りください。
今年初めての夜の会。新カモシカ、夜の雰囲気もとっても良く私たちもとても楽しみにしています。
告知当日に満席となりました。ただいまキャンセル待ち受付中です

※迷惑メール対策で、今回から新しいメールアドレスに変わりました

2/17(日)17:00-20:00(15:00開場)
10000円
カモシカ http://okaz-design.jp/kamosika/map_new.html

  • 件名「二月の器料理会」
  • お名前(フルネーム・お連れ様がいらっしゃる場合は、その方のお名前もお願いします)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • お申込み人数
  • アレルギー食材(もしあればお知らせください)
  • 注意事項(メールを送る前に、必ずご一読ください
  1. お申込みの可否を必ず3日以内にご返信させていただきます。
  2. 携帯電話やフリーメールのアドレスではフィルタにかかり、こちらからの返信が削除される場合があります。お申込みの前にご自身のサーバーの設定をご確認ください。
  3. お申込みから3日過ぎてもこちらからメールが届かない場合、ごみ箱や自動削除されていないかご確認の上、お問い合わせください。

二月のカモシカ 市川孝・蒜山耕藝 二人展「山の雫」

二月の展示料理会のご案内です。

蒜山耕藝・高谷裕治さん 絵里香さんご夫妻を今年もお迎えする運びとなりました。
岡山と鳥取の県境の里山・中和村で肥料や農薬を使わず、自然と会話しながら作物を作られています。
その野菜や穀物からは、この村の森や湧水と共通する、細胞のすみずみまで澄んだ静かな味わい。
月の半分を同じ村で暮らすオカズデザインにとって最も信頼し、同じ感覚を共有している作り手です。
カモシカでの蒜山耕藝の展示は特別な想いがあり、今年で四回目となります。

そして、滋賀県の伊吹山の麓で作陶される市川孝さん。
のびやかな形と自然な色合い、和洋とわず様々な料理を受け止めてくれる懐の深さ。
そこにあるだけでふっと空気がやわらかくなる器を、その手から生み出されます。
使い込むごといい味わいに育っていくものが多いのも魅力の一つ。茶や禅にも造詣が深く、料理人や料理研究家の友人知人にも市川さんの器を愛用する方が多いのも頷けます。

自然からの恵みそのものを生み出す二組の展示「山の雫」。
展示会中は蒜山耕藝の作物を使って料理をし、市川さんの器に盛って召し上がっていただける昼食会と喫茶をひらきます。

◇昼食会
2/18-23 12:00-14:00
蒜山耕藝が初めて蕎麦の実を作ったことを祝して、親交が深い「AMECOYA」ご店主・上田善宗さんが会期中ほぼ毎日オカズデザインと一緒に料理をしてくださることになりました!
素晴らしい十割蕎麦を打つ、敬愛する料理人である上田さんと共に台所に立てる日が来るなんて。嬉しくて嬉しくて、始まる前から顔がほころびます。
ただいま内容を楽しく相談中、デザートとお茶を含めた6皿ほどご用意します。メインは蕎麦になる予定です。
蒜山耕藝の野菜や穀物、土地の湧き水と食材を使って、料理します。

1日10名さま一斉にお召し上がりいただくスタイル、お値段は4500円を予定しています。
前日の午前10時からお電話でお席のご予約を承りますのでご活用ください(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります。また、2/20が定休日のため21日の予約は19日に承ります)。

◇喫茶
2/18-23 14:30(昼食会の終了時間によって、多少前後します)-17:00
2/24 12:00-15:00
お茶にも酒にもよく合う、この季節らしいお菓子がずらりと揃います。
蒜山耕藝の希少な小麦を使った栗のタルト・彼らの餅米と搾りたての生乳で仕込むアイス最中、温かなぜんざいなどを予定しています。
村のみずみずしい林檎をたっぷり使った林檎ケイクのほか、定番人気のショートブレッドや蒜山耕藝の野菜を使ったキッシュもご用意します。テイクアウトも出来ます。
お飲み物はおいしいビオワインと燗酒のほか、TEALABO.t 武内由佳理さん、coffee Kajita 梶田真二さんが今回も展示にあわせて特別なお茶とコーヒーを準備してくれています。
ご予約は不要です。昼食会が終わる14時半頃から、ご来店順にご案内させていただきます。
最終日24日は昼食会がなく16時閉店のため、オープンから15時までとなります。

2/18・19は市川孝さんが、21・22は武内由佳理さん自らお茶を淹れてくださる予定です。

◇器料理会
2/17 17:00~20:30
また展示に先駆けて、2/17の夜に特別な料理会を催します。
作家さんをお招きして一緒に食卓を囲みながら様々なお話を伺います。
3時間ほどかけてゆっくりと楽しんでいただき、器をご購入いただくことも可能です。
AMECOYA上田さんと交互に料理をお出しします。
メールでの事前予約制となります。詳細とお申込み方法はこちらをご覧ください。

テイクアウトでは、蒜山耕藝の素晴らしい食材たちも粒ぞろい。
ネットショップでは売り切れた玄米餅や黄粉、あられ、最中の皮、麦湯、味噌、切り干し大根などのおいしい加工品がずらりと揃います。
蒜山耕藝の新小麦をつかったオカズデザインの新作クッキーもご用意できそうです。

また二月の喫茶営業は2/1(金)-4(月)にひらきます。
この四日間は展示会期とは趣旨をがらりと変え、チョコレート菓子を中心にご用意します。詳細はinstreamでご案内しています。
みなさまのご来店をお待ちしています。


二月のカモシカ 市川孝・蒜山耕藝 二人展「山の雫」
2019 2/18(月)-24(日)※20(水)は休みです。お気をつけください
12:00-18:00(最終日は16時まで)
作家在廊日 2/18・19

  • 11月に移転しました。新しいカモシカの地図と連絡先はこちらです。http://okaz-design.jp/kamosika/map_new.html
  • 最終日は16時閉店・15時喫茶ラストオーダーとなります。お気をつけください。
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間となります。また、古い家屋のため空調が効きづらく、あたたかな服装でいらしていただくのをお薦めします
  • 展示だけのご来店ももちろん大丈夫です。お気軽にお立ち寄りください
  • 静かな住宅街の中の小さなお店のため、展示スペースの混雑具合によってご入場・ご購入点数を制限させていただく場合もあります。納品数や日々の混雑状況をみて判断しますので、ご来店直前のinstagramをご参照いただければと思います https://www.instagram.com/okazdesign/

2019. 1. 25 金曜日

コーヒー茶会

早いもので1月ももう少しで終わり。季節の節目間近ですね。
4月に予定しているcoffee Kajitaさんとの茶会は、3月中旬以降に詳細を告知・受付スタートの予定です。いましばらくお待ちください。
金工・金森正起さんの器を使ってお出しします。
移転してから、初めての梶田夫妻との会。どんな流れとなるのか、私たち自身とても楽しみです。