2016. 10. 24 Monday

山口和宏個展「木の器」のパン

もう一つスペシャルなお知らせ。
大好きという言葉ではとても足りないくらい敬愛するパン屋・広島のブーランジェリードリアンから久しぶりにパンがどっさり届きます。

去年から岡山・蒜山で月の半分を暮らすようになり、おいしいものは買うのではなく、自らの手で生み出すことを美しい土地と人が促してくれました。
ちょこちょこやっていた秀治のパンやチーズ作りは飛躍的に伸び、カモシカでお出し出来るレベルまで成長。
蒜山の湧水と自らの手をともにベースとしている料理とパンの相性は悪いわけがなく、お金をいただく責任でさらに腕も上がり。
酵母のこと水のこと、粉のこと、料理と溶け合うことへの意識も深まってきているように感じます。
パン屋のパンは美しくおいしいけど、たまに食べるのでちょうどよいかも。など思うことも増えてきました。

そんな中、夏の間休業してスペイン巡礼の旅から帰ってきたドリアン田村夫妻からパンをいただきました。
今までも半端なくおいしかったけど、さらに進化。味わいや香りの広がりは果てしない。
これまでよりいっそう気負いなく自然体でいて、深い覚悟が伝わってくるようでした。
この素晴らしい作り手と共に食卓を作る日を春夏秋冬設けたいという想いがふくらみ、木の器に最高に似合うパンとして今回お願いすることになりました。

drien_hesopan

山口和宏さん在廊日の26日・27日に3-4種類のパンの販売を予定しています。
予期せぬ配達の遅延・売切れなどはinstagramでなるべく早くお知らせしますね。
もちろん26日からのお昼のコースのパンはドリアンのものになります。どうぞお楽しみに!
初日25日のみオカズデザイン謹製、いま出来る最高のパンが焼きあがりました。ご賞味いただければ嬉しいです。