2016. 5. 24 Tuesday

boil・岡田直人二人展「白いもの 古いもの」の料理

naotookada_aterier

今年の1月、岡田直人さんの工房にboil岩本さんと一緒にご訪問
おりしも北陸は豪雪の日。吹雪の中たどりついたアトリエは、器はもちろんのこと、ひとつひとつの道具や家具も外の雪景色と溶け合うように静謐でした。
岡田さんの美しい器たちの生まれる源にふれたように感じ、深く心に刻まれる時間となりました。
二人展の料理は色彩を抑えた、白を重ねるようなイメージにしよう、とその時から心の奥で決めていたように思います。

お二人の作品はともに主張せず、どんな食材も色合いも受け止めてくれる懐の深さがあります。だからこそ、器やカトラリーに寄り添う食事を作りたい。そんな風に考えています。
コース仕立てで、12時と13時半の各2回、8名さま一斉にお出しします。お席のご予約は当日朝10時からお電話で承ります。また日によって料理や食材が変わることもありますので、ご了承ください。

  • 蒜山大豆と野蕗の冷たいスープ
  • 自家製チーズとパン、無花果と蜂蜜
  • ニョッキと花クレソンのバター炒め
  • 塩豚のローストとマッシュルームのフライ、白野菜のマリネ
  • デザート
  • コーヒーまたは白茶

nyokki

ニョッキはシンプルながら手間がかかる料理なのでカモシカでもこれまでお出しすることはなかったのですが、この後は9月までクローズということもあり、上半期に足を運んでくださった皆様への感謝をこめて今回メニュー入りしました。気に入っていただけたら嬉しいです。

デザートは25日の内田真美さん・28-30日のfoodremedies以外の日は定番のお菓子をはじめ、スペシャリテとして白いパフェやアイス最中をご用意したいと思っています。どうぞお楽しみに!
また何より嬉しいことに、30日にもboil岩本篤さんの在廊が決まりました。ご来店をお待ちしています。


5月のカモシカ boil・岡田直人二人展「白いもの 古いもの」
2016年5月25(水)-31(火)
12:00-18:00(最終日は16時まで)
岡田さん在廊日 5/25 岩本さん在廊日5/25・30

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです。http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間です。また古い家屋で空調が効きづらいため、涼しい格好でのご来店をお薦めします。
  • 喫茶席は8席、17時ラストオーダーです。混雑時は長くお待ちいただくこともあります。ランチのご予約は当日の朝10時より電話にて受け付けます(回線が混みあい電話がつながりにくい場合もあります)

2016. 5. 22 Sunday

boil・岡田直人二人展「白いもの 古いもの」のお茶菓子

今回の展示、最初に花を添えてくださるのは内田真美さん。
boilさん・岡田さんお二人の作品を愛用されている真美さん、ご多忙のところだめもとでお願いしたところ、この季節にふさわしい白い豆花を初日25日に作ってくださることに!

mami_desert_201605

ランチコースのデザートとしてのご用意となり、ご予約は当日の朝10時からお電話にて受け付けます。
この日は主役の岡田さん・boil岩本さんお二人も在廊、にぎやかな1日となりそうです。

そして、28・29・30の3日間は、foodremediesの長田佳子さんの白いお菓子たち。
ストイックな静けさ、ほのかな色気を感じる佳子さんのお菓子は、お二人の作品に自然と溶け合うようです。
コースのデザートはババロア、お茶の時間はリコッタのショートケーキのご予定。テイクアウトのパウンドケーキやクッキーも作ってくださるそう。嬉しくてそわそわします。

foodremedies_desert_201605

またcoffee Kajita・梶田真二さん、TEALABO t・武内由佳理さんが、今回の展示をイメージしてブレンドをご用意してくださいます。
梶田さんは森の木々や白い花を思わせる爽やかで品のあるコーヒー、武内さんはシャンパンのような芳香が広がる白茶。毎回のことですが、お二人の描く世界がとても楽しみです。

そしてもちろん、国産ビオワインたちもいいものが揃いぶみ。ボーペイサージュ、ドメーヌタカヒコといった尊敬する造り手のワインに加え、この季節にぴったりの胎内高原ワイナリーの泡が初登場。どうぞお楽しみに!

2016. 5. 15 Sunday

5月のカモシカ boil・岡田直人二人展「白いもの 古いもの」

Boil 岡田直人 二人展

光と新緑が美しく、窓を開けはなって心地よく過ごせるこの5月にふさわしい二人展をひらきます。
古道具店「boil」の岩本篤さん、白磁の岡田直人さん。タイトル通り、白い器と古道具の展示です。
岡田さんはカモシカ定番のオーバル皿を中心とした器やコップ、boilさんはフランス、イギリス、オランダの古道具。2013年の岡田さんの個展「酒と白磁」では華を添えていただく形でboilさんにご参加いただきましたが、今回は両者並び立つ二人展。とても楽しみです。

カモシカでは色々な作家さんの展示をひらいていますが、岡田さん・boilさんのものは共に主張せず他の作品を引き立てくれるので、ほぼ通年通して使っています。実は、そうあることではありません。
和洋さまざまな料理を受け止めてくれる懐の深さ、ゆっくりと味わいを増していくシンプルな形。それでいて、ほのかな色気を感じます。

古いものは白い器の凛とした清らかさにはっと気づかせてくれ、白い器は古びていくことでまろやかな美しさを増していく。パンとチーズのように一緒にあることが自然なお二人の作品に、白を貴重とした料理を盛ってワインのように寄り添えたらと思っています。
また、会期の半分は素晴らしいお菓子を作るゲストがカモシカにいらしてくださり、展示にあわせ白いお菓子を作ってくださることに!詳細はまた後日お知らせさせていただきます。
みなさまのご来店をお待ちしています。


5月のカモシカ boil・岡田直人二人展「白いもの 古いもの」
2016年5月25(水)-31(火)
12:00-18:00(最終日は16時まで)
岩本さん、岡田さん在廊日 5/25

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです。http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間です。
  • 喫茶席は8席、17時ラストオーダーです。混雑時は長くお待ちいただくこともあります。ランチのご予約は当日の朝10時より電話にて受け付けます(回線が混みあい電話がつながりにくい場合もあります)

2016. 4. 15 Friday

drop around個展「はたらく服、布の道具」の料理

いよいよ明日16日(土)からdrop around個展「はたらく服、布の道具」展が始まります!
会期中お出しする料理、お待たせいたしました。
コース仕立てで北海道と蒜山の素晴らしい食材をふんだんに使います。
12時と13時半の各2回、8名さま一斉にお出しします。お席のご予約は当日朝10時からお電話で承ります。

  • 北のポタージュスープ
  • 冬越し人参と黄金柑 / 紫花豆 / 摘みたての山菜
  • 自家製ロースハムのクロックムッシュ
  • もりかげ商店のレーズンサンド
  • コーヒーまたは紅茶

会期後半の20日(水)はクロックムッシュはお休み、お米農家やまざきのお米を使ったキーマカレーをお出しします。新鮮な香草をどっさり仕上げに入れる春のキーマ。こちらもどうぞお楽しみに!

お菓子はもりかげ商店のレーズンサンドのほか、定番の発酵ショートブレッドやキルシュクーヘン(サワーチェリーたっぷりのキャラメルケーキ)もご用意します。
興部町のみずみずしいリコッタをつかったアイスクリームをパフェ仕立てにしたいなあと考えていますが、仕込みの都合で登場するのは会期半ばになりそうです。

morikage_raisonsand

レーズンサンドは、drop aroundのロウビキ箱に入れて4個入りの贈り物にすることも出来ます。
在庫があれば承ることが出来ますので、当日お声がけくださいね。
みなさまのご来店をお待ちしています!


4月のカモシカ drop around個展「はたらく服、布の道具」
2016年4月16(土)-22(金)
12:00-18:00(最終日は16時まで)
drop around在廊日 4/16-19

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです。http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間です。古い家屋で足元が冷えやすいので、あたたかな服装でおいでください
  • 食事席は8席、17時ラストオーダーです。混雑時は長くお待ちいただくこともあります。ランチのご予約は当日の午前10時より電話にて受け付けます(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります)

2016. 4. 13 Wednesday

drop around個展「はたらく服、布の道具」の食材たち

カモシカで展示をされる作り手は皆さんくいしんぼう。
毎回展示でお出しする料理は、作家さんたちの「あれ食べたい」「これ器にのせて」などのご要望を反映させることも多いです。
drop aroundも例外ではなく、今回出されたお題は北海道らしさ。
自然豊かな大地ならではのおいしい食材を多く使ってほしいとのご希望でした。

素材選びは、今の季節あるおいしいものを吟味しながら、カモシカで大切にしていることやdrop arondのイメージともあわせていく大切な作業です。
素晴らしいものを作る農家さんをたずねて話してみるのが一番確実で、料理人として喜びでもあるのですが、オカズが直接訪ねた北海道の農家さんはワイナリーのみ。ほぼ手持ちの札ゼロ。
お互い信頼できる関係はすぐ成り立つものではなく、でも検索かけて適当に選びたくはない。
うーんどうしたものか、札幌の友人知人の伝手をあたるかな…とひそかに悩んでた折に、dropにご紹介いただいたのが洞爺湖の食材店toitaさん。

自ら農家さんの畑に行きごぼうも掘ってくださるという真摯な姿勢に安心して、挽きたての小麦や無農薬の豆、色とりどりの美しい雪下人参などを仕入れさせていただくことに。
また、drop家が自然栽培で育てている冬越しのじゃがいも。びっくりするくらいおいしいので、こちらもどっさり送っていただきました。
オカズの拠点である岡山・蒜山中和村の摘みたての山菜や湧き水、自家製のハムやベーコンとあわせ、ドイツの小さな町工場食堂のような、素朴で質実剛健ながらほんのり洗練された空気感が作れたらと思ってます。
メニューの発表までもう少しだけお待ちください。

okomeyama_package
撮影:大沼ショージ

お米農家やまざきのおいしいお米たち。drop aroundのお仕事で、東京近郊で多くの皆様が多く目にしているのはこのパッケージかもしれません。
ロゴやパッケージをはじめとした紙物、ウェブデザインにわたるまで全てdrop aroundのデザインワーク。書籍『お米やま家のまんぷくごはん』のブックデザインも担当されています。
撮影された大沼ショージさんもdrop around青山ご夫妻と長年親交があり、思い返せばショージさんとオカズの初対面もいまはなき恵比寿のdrop店舗でした。懐かしいなあ。

昨年の鬼怒川水害で大きな被害をうけたやまざき家の支援プロジェクトを立ち上げたのもdropです。
17日の茶話会ではこうしたお話も伺えたらと思ってます。
※ご予約は満席になりました。キャンセル待ちのお申し込みはこちらで受付中です

会期中はやまざき家のお米や米粉、五島列島・小値賀島の無添加ピーナッツペースト、石田珈琲店のコーヒー豆などdrop aroundがデザインしたおいしいものも並びます。
せっかくの機会、会期後半にはこのお米をつかったカレーもお出しできたらいいなと思ってます。
メニュー発表どうぞお楽しみに!