2018. 5. 18 Friday

「はたらく服、布の道具」drop aroundの定番

a

b

前回の展示で人気だったパンツやシャツたちも届いてきました。2年前にはなかった新色やサイズ違い、メンズサイズも登場していて心弾みます。
自ら改装を手がけられたshop & gallery「MANUFACTURE & WORK」で定番として並んでいる、機能的で美しい佇まいをもつ服たちです。
軽やかでやわらかな着心地、初めて袖を通す時から体になじみ、着古していっそう体になじむシンプルな服たち。白や紺、グレーや墨色など抑えた色合いを中心とした上質なリネンやコットンウェアで、男女ともに長く着こなせます。ご夫婦やご家族で共有している方も。

drop aroundのお二人は第一線のデザイナーとして文具などのプロダクトをはじめ、書籍やウェブサイト、パッケージデザインなど、多彩なお仕事を手がけられています。
ひとつひとつのアイテムをリリースするまでにかなり時間をかけ、流行やシーズンを追いかけるのではなく、こつこつと納得のいくシンプル&スタンダードを生み出し続けていく。
同じように普遍性・定番をテーマに活動をしている私たちオカズデザインも深く共感しつつ、それを実際に続けていくのはどんなに難しいことか身にしみて感じ、刺激や力をたくさんいただいています。

数あるものでも特に流行に影響を強く受ける服たち。1シーズン限りで消えていくものが山のように生まれる世界です。
そんな流れとは真逆に、目新しさではなく、理想的な定番のかたちを小さく濃く、淡々と作り続けられているdrop aroundの定番のウェアたち。
その心地よさと心意気を、手にとって袖を通して感じていただけたら嬉しいです。

WORK COAT M  ¥20520
WORK TOPS 02 七分袖トップス ¥15120
農民パンツ 10分丈スタンダード  ¥14040

WORK TOPS 03 MEN’S Tシャツ ¥13824
OL WIDEパンツ ミリタリーグリーン ¥14040


五月のカモシカ drop around個展「はたらく服、布の道具」
5/21(月)-27(日)
※23(火)は定休日となります。お気をつけください
※DMでは27(土)となっていますが、正しくは27(日)です。お詫びの上訂正させていただきます
12:00-18:00(最終日は16:00まで)
drop around 青山吏枝さん在廊日 5/21・22

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 昼食会は会期中12時半から、1日10名さま一斉にお召し上がりいただくスタイル、お値段は3800円を予定しています。
    前日の午前10時から電話でお席のご予約を承りますのでご活用ください(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります)。喫茶は昼食会が終わる14時半頃から、ご来店順にご案内します。こちらはご予約不要です。
  • 最終日27日は昼食会はなく、12時より喫茶をひらきます。16時閉店のため15時ラストオーダーとなります。お気をつけください。
  • 小さな店のため、展示スペースの混雑具合によってご入場を制限させていただく場合もあります。
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間となります。

2018. 5. 17 Thursday

「はたらく服、布の道具」エプロンキュロットパンツ

droparound2th_f

drop around個展「はたらく服、布の道具」の会期もいよいよ間近。北の国から作品たちがカモシカに届き始めています。
あまりにどれもこれも素敵なので、一足早くこちらでもご紹介していきますね。
こちらは新作のキュロットパンツ。DMにも登場した、今回のメインアイテムの一つです。

IMG_7364_1

IMG_7380_1

胸当てをつけて着る、ストラップで吊るして着る、パンツのみで着る、の3通りが楽しめるすぐれもの。
同じパンツと思えないほど様々な表情を持っていて、私たちも驚きました。
drop aroundの服飾担当・吏枝さんが、クラシカルなシルエットのボトムがずっと欲しくて辿り着いたというこのエプロンキュロット。
胸当てを外せばサスペンダーで吊ったワイドパンツやスカートのようにも楽しめます。
小屋や旅の風景、アーミシュの人たちの暮らしを撮った写真集を見ながらこのパンツを作られていたそう。素朴でいてどこか洗練されているのは、そんな背景もあってなのだなと手にとってみて納得。写真のスタンドカラーのシャツたちもよく合っています。
色は写真のダークグリーンの他、墨色のチャコールブラックもあります。
新作のため在庫がなく、すべて受注生産・7月上旬のお送りを予定しています。

IMG_7398_1

drop aroundの作品には、プロフェッショナルのデザイナーとして第一線に立ち続ているからこそ表現できる、機能性と抑えた美しさがあります。
オリジナルのプロダクトとして日本中で愛されている文房具や紙製品、書籍やウェブサイトのデザインと同じく、服作りにも用の美を体現されています。
日本やヨーロッパの古着をひもとき、そこから生み出されたワークウェアであり日常着というコンセプトは二年前と変わらず息づきながら、古い映画のような空気をまとっている服たちに彼らの日々の暮らしの健やかさをよりいっそう感じます。
ぜひ実際に手にとって、感じていただけたら嬉しいです。

3WAYエプロンキュロットパンツ ¥21600
スタンドカラー タイプライターシャツ ¥15660
WORK TOPS 02 七分袖トップス ¥15120


五月のカモシカ drop around個展「はたらく服、布の道具」
5/21(月)-27(日)
※23(火)は定休日となります。お気をつけください
※DMでは27(土)となっていますが、正しくは27(日)です。お詫びの上訂正させていただきます
12:00-18:00(最終日は16:00まで)
drop around 青山吏枝さん在廊日 5/21・22

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 昼食会は会期中12時半から、1日10名さま一斉にお召し上がりいただくスタイル、お値段は3800円を予定しています。
    前日の午前10時から電話でお席のご予約を承りますのでご活用ください(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります)。喫茶は昼食会が終わる14時半頃から、ご来店順にご案内します。こちらはご予約不要です。
  • 最終日27日は昼食会はなく、12時より喫茶をひらきます。16時閉店のため15時ラストオーダーとなります。お気をつけください。
  • 小さな店のため、展示スペースの混雑具合によってご入場を制限させていただく場合もあります。
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間となります。

2018. 5. 8 Tuesday

drop around個展「はたらく服、布の道具」衣料理会

ゆっくりと食事やお茶をとっていただき作品に触れる中で、この先もずっと付き合っていきたいと思える一着に静かに心が定まる。
カモシカで大切にしている時間と流れを象徴する8名さまだけの特別な会を、展示会「はたらく服、布の道具」に先駆けて間催します。

お食事前に作品をゆっくり見ていただき、drop around 吏枝さん自ら服を見立ててくださいます。もちろん試着・ご注文いただくことも可能です。
料理は青山家のの暮らす洞爺湖の新鮮な食材を中心に、オカズデザインが月の半分を暮らす蒜山中和村から澄みきった湧水や野のもの海のものをふんだんに使って、十皿のお料理をお出しする予定です。
飲み物は北海道のビオワインや日本酒、TEALABO.t武内由香理さん、coffee Kajita梶田真二さんが今回も展示にあわせて特別な紅茶とコーヒーを準備してくださいます。
ともに食卓を囲みながら、お二人の今回の展示への想いや洞爺湖での日々の暮らし、お薦めの使い方など、様々なお話を伺えたらと思っています。青山剛士さんも料理が始まる前に顔を出してくださる予定です。

本日5/8より先着順に受けつけ、オカズデザインからの返信をもってご予約完了となります。下のアドレスに必要事項をご明記の上、メールをお送りください。
メールアドレス

5月20日(日)
17:00-20:00(15:30開場)
9000円
カモシカ http://okaz-design.jp/kamosika/map.html

  • 件名「衣料理会」
  • お名前(フルネーム・お連れ様がいらっしゃる場合は、その方のお名前もお願いします)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • お申込み人数
  • アレルギー食材(もしあればお知らせください)
  • 注意事項(メールを送る前に、必ずご一読ください
  1. お申込みの可否を必ず3日以内にご返信させていただきます。
  2. 携帯電話やフリーメールのアドレスではフィルタにかかり、こちらからの返信が削除される場合があります。お申込みの前にご自身のサーバーの設定をご確認ください。
  3. お申込みから3日過ぎてもこちらからメールが届かない場合、ごみ箱や自動削除されていないかご確認の上、お問い合わせください。

2018. 5. 7 Monday

五月のカモシカ・drop around個展「はたらく服、布の道具」

droparound2th_f

北海道を拠点に活動されているデザイナー、青山剛士さん・青山吏枝さんによるユニット「drop around」。2016年に続く二回目の個展をカモシカで開く運びとなりました。
国内外の様々な作業着をこつこつと集め、再構築して生み出された、日常着としてのワークウェアの展示会です。動きやすく、さりげない布の道具。白や紺、カーキなど抑えた色合いの上質なリネンやコットンウェアで、男女年齢問わず長く着こなせます。
第一線のグラフィックデザイナーとして文具などのプロダクトをはじめ書籍やウェブサイト、パッケージデザインなど、これまで手がけられてきた作品と同じ「用の美」を服のラインにも感じます。

期間中はオカズデザインによる昼食会と喫茶をひらきます(最終日27日は喫茶のみ)。
先月より青山家が暮らし始めた洞爺湖の新鮮な食材をメインに、オカズデザインの拠点としている岡山と鳥取の県境・蒜山の森の湧水や季節のものをふんだんに使う予定です。
また詳しい内容が決まったら、インスタグラムにてお知らせします。

また、会期に先駆けて5/20(日)夕方よりdrop aroundさんを囲む料理会を催します。
一般のお客さまより一足早く作品をゆっくり見ていただき、吏枝さんが自ら服を見立ててくださいます。もちろん試着・ご注文いただくことも可能です。
メールでの事前予約制となります。詳細とお申込み方法は近日中にお知らせします。


五月のカモシカ drop around個展「はたらく服、布の道具」
5/21(月)-27(日)
※23(火)は定休日となります。お気をつけください
※DMでは27(土)となっていますが、正しくは27(日)です。お詫びの上訂正させていただきます
12:00-18:00(最終日は16:00まで)
drop around 青山吏枝さん在廊日 5/21・22

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 昼食会は会期中12時半から、1日10名さま一斉にお召し上がりいただくスタイル、お値段は3800円を予定しています。
    前日の午前10時から電話でお席のご予約を承りますのでご活用ください(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります)。喫茶は昼食会が終わる14時半頃から、ご来店順にご案内します。こちらはご予約不要です。
  • 最終日27日は昼食会はなく、12時より喫茶をひらきます。16時閉店のため15時ラストオーダーとなります。お気をつけください。
  • 小さな店のため、展示スペースの混雑具合によってご入場を制限させていただく場合もあります。
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間となります。

2018. 5. 2 Wednesday

五月の喫茶のご案内

喫茶企画は五月より菓子のご予約などシステムが変わります。ご利用のみなさまにはご一読いただければ幸いです。
今月はチーズをテーマに四日間開きます。メインはこちらの三種です。

○タルト・フロマージュ ¥850 ※お持ち帰りできます
蒜山の搾りたての生乳で作った自家製チーズをふんだんに使ったタルト。しっかりと焼き込んだ香ばしい生地、やや強めの塩加減と穏やかなコクはお酒ともよく合います
○クレームダンジュ 600円
食べ終わりたくないほど、ふんわりやさしい口溶けの生菓子。フロマージュブランのミルキーな旨みに、凝縮感ある苺のソースをあわせます
○柑橘のトライフル 680円
月がわりの五種類の柑橘を使った、シンプルかつ贅沢なトライフル。軽やかなマスカルポーネクリームに柑橘とコーヒーのシロップをうったスポンジをあわせ、引き締めます

混雑を緩和するため、この3つの菓子のみ、お一人さま一日2個までお取り置きを承ります。
明日5/3(木)10:00よりお電話にて、ご来店日・お取り置きの内容・ご来店の目安の時間などをお伺いいたします。仕込み日でもあり、可能な限り10:00-13:00の間にお電話いただければ幸いです。

  • あくまでお菓子のお取り置きで、お席のご予約ではありません。混雑時はご案内までお待ちいただくこともありますので、ご了承ください。日によって異なりますが13:00-15:00は席が混み合うことが比較的多く、目安にしていただければと思います。
  • 日持ちが当日中のため、キャンセルは出来ません。確実にご来店可能な日をご指定ください。16:00までのご来店をお願いします。
  • お連れ様とそれぞれ2個ずつお取り置きになりたい場合は、別々にご予約をお願いします。
  • メインの菓子以外にも蒜山男爵とボッタルガのキッシュ、リコッタジェラートをお添えした温かなバナナケーキ、天然酵母ショートブレッドなどご用意しますが、こちらはご予約対象外です。

どくだみ
カモシカでの器と料理の展示会が毎回混み合うことが多く、もっと気軽にいらしていただけたらという趣旨で今年一月より喫茶室は始まりました。そのためご予約はあくまで一部のお取り置きにとどめ、当日販売分もご用意します。
菓子の開発・製造はパティシエ・細井麻季子が一人でおこなっているため、混雑日は早い時間で終わることもあります。ご理解いただければ幸いです。
始まったばかりの企画ながら予想以上の反響をいただき、行き届いていないところも多くご迷惑をおかけしています。
月替りの軽食と菓子のフルコースも、体制が整うまで休止とさせていただくこととなりました。毎回楽しみにしてくださっていた皆様には申し訳ありません。器と菓子との組み合わせはもちろんのこと、一皿一皿の間・お客さまとの呼吸も大切にご提供できるよう力をつけて再開したいと思っています。

より心地よく過ごしていただけますよう、システムはこれからも改善していくつもりです。
どうぞよろしくお願いいたします。


五月の喫茶室
5/5(土)-8(火) 11:00-18:00 ( 17:00ラストオーダー )
会期中の菓子のお取り置きの電話受付 5/3(木)10:00~
※受付開始直後は回線が集中し、繋がりにくいことが予想されます
※仕込み日でもあり、可能な限り10:00-13:00の間にお電話いただければ幸いです。ご協力よろしくお願いいたします
東京都杉並区下高井戸4-5-10 ☎︎03-6304-6270
カモシカ/オカズデザイン
http://okaz-design.jp/kamosika/map.html