2012. 2. 29 Wednesday

雪の日のお約束

事務所犬そらまめは雪が大好き。
誰もまだ踏んでいない屋上で転げまわってはしゃぐ。
遊んだあとは人の膝で丸くなりこんこんと眠り続けるのもお約束。

2012. 2. 1 Wednesday

ぎっくり腰とツイッター

寒い日が続きますね。庭の池も凍ってます。
一昨日、高知のギャラリーエムツウのるみ子さんから電話をいただく。
「ブログ更新してないね」と言われ、一月ぐらいほったらかしなことにはたと気づきました。
更新してなかった理由は1月前半が大きな仕事と新連載が始まり集中していたのと、秀治のぎっくり腰。
新年そうそう、ふっと屈んだ瞬間になってしまいました。通算三回目。あーあ。

整体とサポーターで仕事はなんとか乗り切りましたが、しばらく寝たきり。
日々のご飯担当はここしばらく秀治だったのが必然的に交代。
自分では渋々淡々とやっていたつもりだったのですが、ある朝「毎日料理するの楽しそうだね」と言われ、はっとしました。

自家製保存食の便利さを実感できること、いただきものや仕事で余った食材を活かすこと、体調や旬を考えて料理を決めること、色んな器に盛ること、日々きちんと台所を掃除し道具を手入れすること。
アトリエで仕事として料理する感覚とは同じようで違うのも面白く、秀治の腰が治ってからもせっせと家料理続けています。
26歳のオカズ森影にも出来るだけ料理を食べてもらって、色んなことを伝えたいという気持ちも。

同時に日々食べたもの作ったものを備忘録としてツイッターにつぶやき始めました。
毎日仕事以外でどんなものを食べているのか、取材などで聞かれることが多いのですがあんまり覚えていなく、気になっていたのです。
ブログに載せたり画像を撮るほどではないし、記録としても残るのでちょうどいいツール。
ツイッターはこれまであまり使っていなかったのですが、俄然面白くなってきました。
ほったらかしのmixiは退会、フェイスブックに誘われても「ブログだけで手一杯」と今のところ断り続けていますが、面白い使い方思いついたらやってみるのもいいかもなあ。

そんなこんなでブログ右下に最新のつぶやきも反映させるようにしてみました。
どうぞよろしくお願いします。

2012. 1. 4 Wednesday

明けましておめでとうございます。

初日の出が昇る直前の空。
この空のように、作ることと人と自然に向き合いなさい。と言われているような気がしました。
どこまでも静かであたたかい、美しい夜明け。

本年もオカズデザインをどうぞよろしくお願いいたします。

吉岡 秀治
吉岡 知子
森影 里美

2011. 7. 27 Wednesday

おこのみたべたい

台風いってからの東京は暑さが少しやわらいでいます。
寝やすくてありがたい。

今月はかなりハイペースで忙しかったけど、どうやら一山越したので、ちょいと四国にいってきます。
生まれて初めての徳島と高知。四万十川をさらにこえて、足摺岬にも足を伸ばします。
市内のマーケットも楽しみ。読みたかった本を持っていこう。

そういえば先週、NHK「てっぱん」の監督ご夫妻が家に遊びにきてくれた。
夜遅くまでばんばん飲んで食べながら、たくさん話をしました。
大阪が無性に恋しくなる。おいしいお好み焼きとやきそば、食べたいなー。

2011. 3. 13 Sunday

東京に戻りました

松本で地震にあいましたが、昨日東京に戻りました。
オカズ3人も事務所犬そらまめも、みんな元気です。
みなさまは大丈夫ですか?
余震が続いていますので、くれぐれもお気を付けください。
わが家も、避難や停電・断水に備えているところです。
マンションの炊き出し用の大釜も、倉庫から運び出されてました。
秀治は太陽光パネルを何やらする係に任命され、せっせと動いています。

松本に行っていたのは三谷龍二さんのお店「10cm」のオープニングパーティに伺ったため。
翌日帰る前に、木下宝さんと蕎麦を食べている最中に地震。
経験したことのない、長く大きな揺れでした。
駅に向かったら電車が全て止まっていたものの、1~2時間すれば復旧するかとのんきに構えてました。
秀治が咳が続いてて気になっていたので、こういう動けないときにこそと駅前の病院に行ったくらいです。

咳は軽い炎症ということで問題なかったのですが、病院のテレビを見て呆然。
あわてて10cmに戻り、三谷さんや宝さん、まだ松本を発っていなかった方達と合流しました。
夜は大勢で地震速報を見ながらご飯を食べ、不安ながらも心強かったです。
朝4時ごろ長野で大きな地震があり、これは数日戻れないかも…と覚悟しはじめましたが昼間に電車復旧、夕方に帰京。
カモシカは古い家なので心配していましたが、ガラス瓶が数個割れたくらいで、ぴんしゃんしてました。
自宅はまったく問題なし。

家族や友人も、それぞれ被害にあいながらも、みんな元気。ひとまずほっとしています。
東北、まだ余震が多い千葉や茨城の友人のことが気にかかります。
それにしても、三谷さん、伊藤まさこさん、井藤昌志さんご一家には連日とてもお世話になりました。
私達もそうしていただいたように、こんな時だからこそ助け合えたらと思います。

「みんなでご飯を食べると節電・節水になり、情報も共有できて、何より励まされる」
とツイッターにありましたが、本当にそうだ。
まず大切なひとのために、料理しよう。みんなで食べよう。
今夜は近所の友達を誘って、大勢で食卓を囲もうと思います。