2018. 3. 18 Sunday

四月のカモシカ・新刊出版記念展「ピクニック」

1月末に新刊『二菜弁当』が発売となりました。二つのおかずで成り立つ47の弁当を紹介しています。
これまでになくレシピはシンプルに、手をかけないレシピに仕立てました。でも大切なところは手抜きせず押さえ、美味しく楽しい定番の料理たち。
食べ飽きない料理を頑張りすぎず作り続けることが、自然と日々の弁当作りにつながる本です。
下ごしらえの仕方や展開料理、弁当作りのタイムスケジュールなど細かな点まで分かりやすく整えてくださったのは、編集チームの努力のたまもの。
おかげさまで評判もよく、売れ行きも好調で嬉しい限り。お買い上げいただいた皆様、制作に関わったスペシャルメンバーの皆様、本当にありがとうございます!

nisaibento

暖かくなってお弁当持ってでかけたくなるこの季節、遅まきながら新刊の記念企画展「ピクニック」を催します。
何年も使い続けたい弁当箱やスタイリッシュな水筒、風合いのいいピクニックシートやカゴ。新生活に重宝する保存瓶など。
拠点を蔵前から福島・三春町に移したin-kyo・長谷川ちえさんがセレクトしたピクニックまわりのものと、くいしんぼのちえさんが太鼓判を押す福島のおいしいお菓子やジュースなどもずらり。
さらに『マリネ』『二菜弁当』のスタイリングを担当してくださったスタイリスト・中里真理子さんが選んだ1点ものの雑貨も並びます。

◇昼食会 12:30-14:30
会期中毎日ひらかれる昼食会は、新刊に登場する料理も交えながら、森で摘んできた山菜や旬の柑橘などをたっぷり使った軽やかな料理をご紹介します。
月の半分を暮らす蒜山中和村から澄みきった湧水や蒜山耕藝の野菜、野のもの海のものをふんだんに使って、5-6皿のお料理をお出しする予定です。
レシピには書けなかったコツなども、召し上がっていただきながらお伝えできたらと思っています。
1日10名さま一斉にお召し上がりいただくスタイル、お値段は3800円を予定しています。
前日の午前10時からお電話でお席のご予約を承りますのでご活用ください(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります)。
仕入れの状況で変わることもありますが、メニューはこのようなにイメージしています。

海老芋のクリームポタージュ
前菜盛り合わせ
一匙料理
ちらし寿司
お吸い物
苺最中
四月のコーヒーまたは紅茶

◇喫茶 14:00(昼食会の終了時間によって、多少前後します)-17:00
※最終日4/9は16時閉店のため、15時までとなります。お気をつけください

お茶にも酒にもよく合う、この季節らしい軽やかなお菓子をご用意します。
主役は、蒜山耕藝の餅米で仕込んだ香ばしい最中の皮でカスタードクリームと苺を挟んだ苺最中。
煮詰めた苺とフレッシュの苺、二種の苺クレープもやりたいなと思っています。
その他、定番人気のショートブレッドやキッシュもご用意します。テイクアウトも出来ます。
お飲み物はおいしいビオワインや春らしい日本酒のほか、TEALABO.t 武内由香理さん、coffee Kajita 梶田真二さんが今回も展示にあわせて特別なお茶とコーヒーを準備してくれています。
ご予約は不要です。昼食会が終わる14時半頃から、ご来店順にご案内させていただきます。

◇長谷川ちえさんの茶話会
4/5(木)の開店前、2年ぶりに東京に帰ってくるちえさんのお話を伺う茶話会を開きます。
暮らしに寄り添いものと人を見つめ続けるちえさんの東京時代から変わらぬ想い、変わっていった価値観についてゆっくりとお話を伺います。
今回の展示にあわせ名古屋・コーヒーカジタがブレンド・焙煎したコーヒーをちえさん自ら淹れてくださり、それに合わせた軽食もご用意する予定です。
メールでの事前予約制となります。詳細とお申込み方法はこちらをご覧ください。

◇四月の喫茶営業
今年1月から、展示期間とは別に喫茶営業を毎月開いています。
月ごとにテーマを決め、シンプルで力強いタルトを中心にした季節のお菓子をご用意し、テイクアウトも出来ます。
常連さんも出てきて、お酒とお菓子をあわせてくださることも多く、とても嬉しいです。
今月は苺のショートケーキをメインに、今のところ4/20-22の3日間開く予定です。
近くなりましたらinstagramにてまた正式にお知らせします。


四月のカモシカ「ピクニック」
2018 4/4(水)-9(月)
12:00-18:00(最終日は16時まで)
長谷川ちえさん在廊日 4/4・5

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間となります。古い家屋のため足元が冷えやすいので、あたたかな服装でいらしていただくのをお薦めします
  • 展示だけのご来店ももちろん大丈夫です。お気軽にお立ち寄りください
  • 静かな住宅街の中の小さなお店のため、展示スペースの混雑具合によってご入場・ご購入点数を制限させていただく場合もあります。納品数や日々の混雑状況をみて判断しますので、ご来店直前のinstagramをご参照いただければと思います https://www.instagram.com/okazdesign/

2018. 1. 31 Wednesday

安齋新・厚子 / 蒜山耕藝 二人展「翠」器料理会

ゆっくりと食事やお茶をとっていただき器に触れる中で、最初気になっていたものとは違う器を選ばれたり、この先もずっと付き合っていきたいと思える一つの器にゆっくりと心が決まる。
カモシカで大切にしている時間と流れを象徴する料理会を、展示会「」に先駆けて二日間催します。

オカズデザインが月の半分を暮らす蒜山中和村から澄みきった湧水や蒜山耕藝の野菜、野のもの海のものをふんだんに使って、十二皿のお料理をお出しする予定です。
安齋さん・蒜山耕藝 高谷ご夫妻をお招きして今回の展示への想いや日々の暮らし、お薦めの使い方など、一緒に食卓を囲みながら様々なお話を伺います。
蒜山耕藝の穀物や貴重な野菜、大豆と土地の湧き水で仕込んだ作りたての豆腐、新鮮な卵や水揚げされたばかりの新鮮な魚などを使って、あたたかな料理を中心にお出しする予定です。

お飲み物はおいしいビオワインや鳥取の日本酒、TEALABO.t武内由香理さん、coffee Kajita梶田真二さんが今回も展示にあわせて特別な紅茶とコーヒーを準備してくれます。
また料理会の前後に、器をご購入いただくことも可能です。

本日1/31(木)正午より先着順に受けつけ、オカズデザインからの返信をもってご予約完了となります。下のアドレスに必要事項をご明記の上、メールをお送りください。
メールアドレス
1/31 20時半追記 2日とも満席となり、ただいまキャンセル待ち受付中です。早々にたくさんのお申込みありがとうございました。お申込みいただきました皆様には2/3までにご返信させていただきます。

器料理会「翠」
2月16日(金) 18:30-21:00 蒜山耕藝 高谷裕治さん・絵里香さん
2月17日(土) 17:30-20:00 安齋新さん
各回8名さま
お一人さま 9000円
カモシカ http://okaz-design.jp/kamosika/map.html

  • 件名「二月の器料理会」
  • お名前(フルネーム・お連れ様がいらっしゃる場合は、その方のお名前もお願いします)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • お申込み人数
  • ご希望の日にち
  • アレルギー食材(もしあればお知らせください)
  • 注意事項(メールを送る前に、必ずご一読ください
  1. お申込みの可否を必ず3日以内にご返信させていただきます。
  2. 携帯電話やフリーメールのアドレスではフィルタにかかり、こちらからの返信が削除される場合があります。お申込みの前にご自身のサーバーの設定をご確認ください。
  3. お申込みから3日過ぎてもこちらからメールが届かない場合、ごみ箱や自動削除されていないかご確認の上、お問い合わせください。

2018. 1. 30 Tuesday

二月のカモシカ 安齋新・厚子/ 蒜山耕藝 二人展「翠」

二月のカモシカのご案内です。

蒜山耕藝・高谷裕治さん 絵里香さんご夫妻を今年もお迎えする運びとなりました。
岡山と鳥取の県境の里山・中和村で肥料や農薬を使わず、自然と会話しながら作物を作られます。
その野菜や穀物からは、この村の森や湧水と共通する、細胞のすみずみまで澄んだ静かな味わい。
月の半分を同じ村で暮らすオカズデザインにとって最も信頼し、同じ感覚を共有している作り手です。
カモシカでの蒜山耕藝の展示は特別な想いがあり、今年で三回目となります。
(2016年に最初にお招きした「藝の食卓」の記事もあわせてご覧ください)

そして、石川県加賀市で作陶される安齋新さん・厚子さんの磁器。
静けさとのびやかさ、凛とした緊張感がありながらもやわらかなライン、様々な料理を受け止める懐の深さ。相反する要素が共存するバランス感は、ひとつの器をご夫婦で作り上げることから生まれるのかもしれません。
天然の釉薬から生まれる、湖に映る森のようにつややかで静かな色合いも美しい。
2014年の個展「お粥さん」以来、4年ぶりの展示会となります。

安齋新・厚子 蒜山耕藝 2人展 「翠」

声高に叫ぶのではなく、粛々とたおやかに自然に寄り添ってものを作る二組の夫婦の展示「翠(みどり)」。
展示会中は蒜山耕藝の作物を使って私たちが料理をし、安齋さんの器に盛って召し上がっていただける昼食会と喫茶を毎日ひらきます。
また、お持ち帰りできる蒜山耕藝ものも逸品揃い。
カモシカでまたたく間に売り切れる人気のあられ、最中の皮や麦湯、味噌などのおいしい加工品のほか、昨秋登場した素晴らしい醤油も並ぶ予定です。
醤油については蒜山耕藝のこちらの記事をぜひご覧ください。

◇12:30-14:30 昼食会
DMの写真にもなった蒜山耕藝小麦と野菜をつかった水餃子の他、デザートとお茶を含めた6-7皿ほどご用意します。すべて蒜山耕藝の野菜や穀物、土地の湧き水と食材を使って料理します。
※メニューは仕入れなどで変わることもあります

・温豆腐
・前菜盛り合わせ
・水餃子または焼餃子
・炊きたてのご飯 味噌汁 雪干しの魚 香の物
・アイス最中
・お茶またはコーヒー

1日10名さま一斉にお召し上がりいただくスタイル、お値段は3800円を予定しています。
前日の午前10時からお電話でお席のご予約を承りますのでご活用ください(回線が混みあい電話がつながりにくい日もあります。また、2/20が定休日のため21日の予約は19日に承ります)。

◇14:30(昼食会の終了時間によって、多少前後します)-17:00 喫茶
お茶にも酒にもよく合う、この季節らしいお菓子がずらりと揃います。
蒜山耕藝の希少な小麦を使った新作の山栗のタルト・彼らの餅米で仕込んだアイス最中、
村のみずみずしい林檎をたっぷり使ったケーキのほか、定番人気のショートブレッドやキッシュもご用意します。テイクアウトも出来ます。
お飲み物はおいしいビオワインと熱燗のほか、TEALABO.t 武内由香理さん、coffee Kajita 梶田真二さんが今回も展示にあわせて特別なお茶とコーヒーを準備してくれています。
ご予約は不要です。昼食会が終わる14時半頃から、ご来店順にご案内させていただきます。

◇器料理会
また展示に先駆けて、2/16・17の夜に器料理会を催します。
作家さんをお招きして一緒に食卓を囲みながら様々なお話を伺います(1日8名さま・完全予約制)。
2/16(金) 蒜山耕藝 高谷裕治さん・絵里香さん
2/17(土) 安齋新さん
ともに3時間ほどかけてゆっくりと楽しんでいただき、会の前後に器をご購入いただくことも可能です。
メールでの事前予約制となります。詳細とお申込み方法はこちらの記事をご覧ください。

また二月の菓子営業は2/9(金)-12(月)にひらきます。
この四日間は展示会期とは趣旨をがらりと変え、特別なチョコレート菓子をご用意します。詳細はinstreamでご案内します。
みなさまのご来店をお待ちしています。


二月のカモシカ 安齋新・厚子 / 蒜山耕藝二人展「翠」
2018 2/18(日)-24(土)※20(火)は休みです。お気をつけください
12:00-18:00(最終日は16時まで)
作家在廊日 安齋新・厚子さん 2/18・19 蒜山耕藝 2/21.22

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間となります。また、古い家屋のため空調が効きづらく、あたたかな服装でいらしていただくのをお薦めします
  • 展示だけのご来店ももちろん大丈夫です。お気軽にお立ち寄りください
  • 静かな住宅街の中の小さなお店のため、展示スペースの混雑具合によってご入場・ご購入点数を制限させていただく場合もあります。納品数や日々の混雑状況をみて判断しますので、ご来店直前のinstagramをご参照いただければと思います https://www.instagram.com/okazdesign/

2018. 1. 4 Thursday

一月のカモシカ「冬苺タルト」

Farbreton
写真 加藤新作

新年あけましておめでとうございます。
2018年もオカズデザインとカモシカをどうぞよろしくお願いいたします。

今年は新しい試みをいくつか考えていて、その一つが毎月カモシカを開けること。
やっていない期間のほうが長いのほほんとした店でしたが、夏の猛暑期間以外は毎月オープン。
月変わりの菓子や軽食を紅茶やコーヒー、日本のナチュラルワインと一緒にお出しします。
今月はみずみずしい冬苺をどっさり使ったタルトや温かなファーブルトン、新作の焼菓子が登場。
もちろん定番人気のショートブレッドやフィナンシェもたんと焼きますよー。
個展時のような昼食会のご用意はありませんが、この季節らしいフランス・ジュラ地方伝統のキッシュを焼きますので、ケーキの前にワインと楽しんでいただくのもお薦めです。

TEALABO.t 武内由佳理さんがカモシカのためにブレンドしてくださった紅茶「reminiscence」を森の湧き水で淹れてくださり、喫茶では二種のお茶とお菓子を楽しんでいただけるコースもご用意します。
テイクアウトも出来ますが、それぞれの菓子の数が限られているため売り切れ次第終了となります。どうぞよろしくお願いいたします。

個展ではなかなか並べられない定番の器や古道具、オリジナルのエプロンなども展示していきたいなと思っています。
みなさまに新年はじめ、お会いできるのを楽しみにしています。

berrytart


一月のカモシカ「冬苺タルト」
2018 1/12(金)~14(日)・20(土)~22(月)
11:00-19:00(ラストオーダー 18:00)
TEALABO.t 在廊日 12・13・14・21・22

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • お菓子や軽食のご予約は不要です。また、お取り置きは出来かねますのでご了承ください
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間となります。また、古い家屋のため空調が効きづらく、あたたかな服装でいらしていただくのをお薦めします
  • テイクアウト、展示だけのご来店ももちろん大丈夫です。お気軽にお立ち寄りください

2017. 11. 13 Monday

三谷龍二個展「三谷Bar」のシュトーレン ※受付終了しました

広島・ブーランジェリードリアン田村陽至さん・芙美さんご夫妻。
カンパーニュをはじめ3-4種類のパンだけを薪の石窯で日々焼き続ける妥協ないストイックな姿勢、暮らしを楽しんでいる穏やかで心地いいお人柄。
信頼してやまない作り手であり、大好きな友人でもあります。ドリアンが頑張ってるからオカズも頑張る。そう思えるパートナーに出会えたのは料理人として幸せなことだなあとしみじみ感じます。

一昨年5年ぶりに復活した幻のシュトーレン。去年もあっという間にご予約完売した人気っぷりでした。
今年も販売させていただくことになりました。嬉しすぎるー!
濃厚でどっしり。甘やかながら、くどすぎない味わい。
お菓子よりのリッチなシュトーレンが多い中、パンらしい小麦粉の味わいが噛みしめるほどに広がる絶妙な塩梅。しっかり満足感があります。
チーズやワイン、コーヒー、ちょっと癖のある中国茶にもぴったりの大人のシュトーレンです。
いい材料との出会いがあり、去年よりいっそうおいしく仕上がっているそう。楽しみです。

drien_stollen

お値段は税抜2800円。一月ほど日持ちがします。
メールで事前にお申込みいただき、会期中12/3−8の営業時間内にカモシカでお引渡しします(12/1・2の料理会にご参加の方は、当日お渡しも可能です)。
11/16の0時より先着順に受け付け、予定数に達し次第、締め切ります。
下のアドレスに必要事項をご明記の上、メールをお送りください。オカズデザインからの返信をもってご予約完了となります。
11/21追記 予定数に達し受付を終了しました。たくさんのお申し込みをありがとうございました。

メールアドレス

  • 件名「シュトーレン」
  • お名前(フルネーム)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • お申込み個数
  • ご来店希望日 ※最終日12/8は18時までの営業となります。ご注意ください
  • 注意事項(メールを送る前に、必ずご一読ください)
  1. お申込みの可否を必ず3日以内にご返信させていただきます。
  2. 携帯電話やフリーメールのアドレスではフィルタにかかり、こちらからの返信が削除される場合があります。お申込みの前にご自身のサーバーの設定をご確認ください。
  3. お申込みから3日過ぎてもこちらからメールが届かない場合、ごみ箱や自動削除されていないかご確認の上、お問い合わせください。
  4. 透明な袋に入ったシンプルな包装です。贈り物用にラッピングご希望の方は、その旨お書き添えください。