2014. 3. 30 Sunday

4/1-15 伊勢丹に出店します

3月のカモシカ「お粥さん」、たくさんのご来店ありがとうございました。
あっという間に3月も終わり、桜も一気に花開いてきています。

4月は1~15日の二週間、伊勢丹新宿店に出店します。
5階のリニューアルオープンにあわせた「今日の暮らしのレシピ」という企画です。
手間ひまをかけて作る、ていねいで幸せな暮らし方をご提案。
料理をはじめ、ていねいな毎日をおくるためのアイテムがずらりと揃うそうです。
休日の食卓をイメージした、下の写真の料理制作・コーディネートも担当しました。

isetan_breakfast01

オカズデザイン定番の瓶詰めはもちろんのこと、オリジナルのエプロンやリネンをはじめ、
カモシカで展示を行ってきた作家さんにもご協力をお願いして、ずらり魅力的なアイテムが揃いぶみ。
あの展示、気になっていたけど大雪で行けなかった・・・とか、
使ってみて買い足したいなあと思っていたとか、
カモシカ行ってみたいけど、桜上水は遠いなとためらっていたとか、そんな皆さまに朗報です!

安齋新・厚子 ティーカップ&ソーサー、飴色のリム皿、青磁の大皿など
岡田直人 オーバルリム皿、カップ
五月女寛 「つつ」
山口和宏 カッティングボード/チーズボード
吉村和美 スープ皿(黄・白・黒)、リム皿(白・黒)、カフェオレボウル(白・黒・線刻)など
渡邊浩幸 パン皿、カフェオレボウル、カトラリーなど
boil シルバーカトラリー、古道具
SEEP オカズエプロン、ベスト、ガーゼボーダーシャツなど
※敬称略

こんなに長くデパートにがっつりと出店するのははじめてで、どきどきしています。
カモシカと同じように、オカズデザインやスタッフが日々在廊して、ゆっくりと皆さまとお話できればと思っています。ご来店お待ちしています!

企画には他にも、器では吉田直嗣さんや寺村光輔さん、
靴のNAOTといったお付き合いある作家さんたちも参加されています。
気になる方いっぱいで、個人的にも楽しみです。

2013. 9. 6 Friday

9月のカモシカ「うずらの王様」

uzuraking

履きこむごとに味わいが深まる靴を作る「UZURA」の高橋収さん・宏美さんご夫婦。
オーダーメイドシューズを作り続けて10年目を迎えた今年、
シンプルでスタンダードなライン「バルタベル」をお披露目します。
“バルタベル”とは、フランス語で「うずらの王様」の意味。
ストイックで静かな靴ながら、ニュアンスがある美しい靴です。
うずら夫妻が丁寧に採寸し、数ヶ月後にお手元に届きます。

遊び心あるものづくりを得意とされ、様々な靴を作ってきたUZURAならではの、普遍的な靴。
これから先、10年も20年自分と一緒に歩いていける相棒のような靴。
今から楽しみでわくわくしています。

期間中、オカズデザインの料理やワインを楽しめる席を設けます。
スタンダードでいて、王様らしいような料理ってどんなだろ?とか、
うずら料理もやろうかなあ、など楽しく妄想中です。
また、今回の展示にあわせて特別なコーヒーやパンを販売予定です。
また改めて、ブログでご紹介します!


9月のカモシカ・UZURA展示受注会「うずらの王様」
2013 9/13(fri)-17(tue)
12:00-18:00(最終日17日は17時まで)
UZURA在廊日 9/13-17

  • カモシカの地図と連絡先はこちらです。http://okaz-design.jp/kamosika/map.html
  • 靴をぬいで店内に入っていただく空間です。
  • 食事席は8席のみです。混雑時はお待ちいただくこともございます。
  • 古い家屋で空調があまり効きません。涼しい服装でおいでください。

2013. 4. 26 Friday

種市のワイン

オカズデザインが種市で出来ることを考えた時に、酒を軸に料理を考えよう。
と、かなり早い時点で決めました。
おいしい酒と料理が死ぬほど好きなオカズデザイン。
食の神様のおかげで奇跡的に出会うことが出来た、敬愛してやまない日本のワインたち。
この機会にぜひ皆さまにもお伝えせねばと思ったのです。

ワインも農産物。収穫直前に思わぬ自然の害にあい、大切に育てたぶどうが半滅、全滅することもしばしば。
それでも黙々と素晴らしいワインを生み出している、小さな小さなワイナリーです。
目が届く範囲、1人或いはご夫婦だけ、家族だけでワインを作られています。
数がとても少ないため市場には出回らず、酒屋さんに並ぶことは滅多にありません。
ワイナリーのオーナーや親しくしている酒屋さんに今回の企画の趣旨をお話してご協力いただき、くらくらするような素晴らしい品揃えとなりました。
そのラインナップを一足早くご紹介です!

BEAU PAYSAGE(ボー・ペイサージュ)
山梨県北杜市。開墾からワイン作りまで、全てオーナー・岡本英史さんが手作業で作られています。
オカズデザインが最も影響を受けているワイナリー。
こんなワインがあったんだ、と10年前初めて飲んだ時に心が震えたのを覚えています。
岡本さんのワインにはいつも静かな覚悟を感じます。豊かな風味、体と心に染み渡る素晴らしいワインです。
完全無農薬。今回は先週届いたばかりの2011年産をお持ちします。

農楽蔵(のらくら)
北海道函館市。2012年9月、函館山の麓に誕生したばかり。
「自分たちの納得いくものを提供し、身の丈にあった収入と、最大限の幸せを感じられること」がモットー。
どのワインも丁寧でセンス溢れる作りと弾けるような楽しさがあり、個人的にも大注目のワイナリー。
今回は伝統的な製法で作ったシードルをお持ちする予定です。
下の写真の左がそう。この通り、ラベルも実にツボなのです。
野生酵母にて低温発酵、天然のガスをそのまま閉じ込めているそう。楽しみだなあ。

のらくら

四恩醸造

山梨県山梨市。小林剛士さんが一人で栽培、醸造、販売を手がけている小さなワイナリー。
「極力低農薬でぶどうを栽培、天然酵母で醗酵、おいしくて低価格のワイン造りを自然体で行なうこと」がポリシーだそうです。
その想いそのままのワインで、すいすいするする体に入っていく心地よさ。料理をまったく邪魔しません。
油絵のラベルも印象的。白・ロゼ・赤それぞれお持ちします。

他にもいくつかのワイナリーから、稀少なワインが届く予定です。
いずれも1本ずつなので、売り切れの際はご容赦ください。

古代種野菜食堂はベースカフェにて12時スタート。
土曜日の昼下がり、ご一緒においしいワインを飲めるのを楽しみにしています。

種市の料理

カモシカちくごイベント、たくさんのご来場ありがとうございました。
余韻さめやらぬまま、27日土曜は古来種ファーマーズマーケット「種市」に参加します。
オカズの仕事は、日本の在来野菜を使った料理を作ること。

主催のオーガニックベースの奥津爾さんからお話をいただいた時は、正直びっくりしました。
もちろん野菜は好きです。自宅でも小さな畑をせっせと秀治が世話しているくらい。
でも野菜料理を得意としている料理家はたくさんいますし、オカズデザイン=野菜のイメージは薄い。むしろ肉肉しいよなあ、と。
オーガニックベースといえば、マクロビオティックをストイックにやられているお店と教室。
一体なぜ私達をご指名いただいたんだろう?と。
その疑問を率直にぶつけたところ「オカズさんは誠実なお仕事をしているから」という、とてもシンプルでありがたい答えが奥津さんから返ってきました。

実はちくご企画にお誘いいただいた折にも、同じことを言っていただいたのです。
真摯に食べ物を作っている生産者ときちんと向き合って受け止め、それを伝えて発信する力がある。という身に余るお言葉でした。
どちらも自然の循環を大切にしながら、ご自分たちの目が届く範囲のことを丁寧にやられている生産者さんにスポットを当てるプロジェクト。
続けてこのような機会をいただけたことが心の底から嬉しく、身がひきしまる。気合十分です。

同じく主催のwarmerwarmer高橋一也さんのご厚意で、在来種の野菜たちを試食・試作できる機会にも恵まれ、いよいよメニューが決まりました。ただいませっせと仕込みに入っています。
この後またご紹介しますが、今回の料理は国産の稀少なワインを軸に考えました。
素晴らしくおいしいワインたちと一緒に、食べていただきたい在来野菜たち。こんな料理が揃う予定です。

  • 山内一尺人参のラペ
  • 里芋のポタージュ
  • 淡路の新玉葱のタルト
  • 極太ごぼうと鶏のコンフィ
  • 幻の黒大豆のマリネ
  • 独活(うど)と自家製ハムのグラタン
  • フライドポテト(岩崎政利さんのじゃがいも)

 
黒千石大豆

写真は調理前の黒大豆。美しいなー。
古代野菜を眺めつつマーケット会場で、或いは井の頭公園でピクニックがてらワインと気軽に楽しんでもらえたらいいな、と思って考えたメニューです。
在来の野菜は繊細な味わいなので、その風味を感じていただけるよう、ただいま調整中。
また野菜だけの料理はもちろん、肉と野菜が引き立てあう料理もお出しします。
オカズデザインの役割かなあ、と勝手に思って。

ワインが飲めない方のために、柑橘を熟成させた自家製レモネード3種をお持ちしますね。ホットでもアイスでもお薦めですよ。
テイクアウトには、今回だけの限定ものも登場。
香り高い在来生姜をたっぷり使った鶏味噌、素晴らしい風味の全粒粉を使ったショートブレッドも仕込み中です。

ベースカフェさんの料理はもちろんシンプルでストイック、しみじみおいしいものが出るもよう。
日曜日の「すみや」の料理も楽しみだなあ。
オカズもトークショー聴きにいきつつ、お客として食べに行く予定です。

2012. 12. 11 Tuesday

三谷龍二さんのスープ当番。

おはようございます。
朝は気持ちいいくらいしんと冷えますねー。
少しずつ、冬らしくなってました。

私たち夫婦の結婚式の引き出物は、三谷龍二さんの桜の木のバターケースでした。
何気なくそっと暮らしの中でたたずんでいる美しいもの、年を経てどんどんよくなっていくもの。そういうものを、大切な人たちに贈りたいと思ったのです。

10年くらい前のことですが、すでに三谷さんは日本クラフト界を代表する木工作家で、けしてお安いものでも手に入りやすいものでもなく。
好きなひとには価値が分かるけど、興味がない人には伝わらないものを贈るのはどうだろう、と親にもアドバイスをもらったりもしました。
30になるかならないかの自分たちには思い切った決断だったけど、どんどん艶が増していくバターケースを見るたびに、しみじみよかったなと思います。
三谷さんのことをまったく知らない親族も、普通に使い続けてくれています。
それこそ三谷さんの力、ものの力だなあ。

それから10年くらい経て、恐れ多くも三谷さんのお家に遊びにいかせてもらったり、おいしいお酒やご飯を食べる関係になり。
そして今回、三谷さんの個展で料理を作ることとなりました。
うーん、あの頃の自分に教えてあげたい。

本日12/11(火)、吉祥寺のギャラリーfeveでの三谷龍二さん個展「朝の時間」で、オカズデザインがスープ当番をします。
三谷さんをイメージして、白い野菜をたくさん使った豊かで静かなポタージュスープに仕上げました。
あたたかなスープをゆっくりと飲みながら、ダンディゾン木村シェフがこの日のために特別に焼いてくれたパンをつまみ。
伊藤まさこさんがスタイリングした三谷さんの器たちをゆっくり眺められる、冬の朝らしい贅沢な企画です。
お茶の時間やもうちょっと食べたい方のために、焼き菓子やホットレモネードも持っていきますよ。
冬ならではの保存食の瓶詰めも3種類ご用意しています。

展示をゆっくり眺められるよう、カップスープのスタイルなのでご予約は不要です。
12時スタート、スープは売り切れじまいですが、展示は19時までやっています。
今日は三谷さんも在廊されているので、ゆっくりお話できるまたとない機会ですよ。
ぜひお気軽に遊びにいらしてください。