2019. 8. 3 土曜日

八月の蒜山 その2・展示料理会「料理人のワードローブ」

料理教室「キッシュとタルト」。連日たくさんのお申込みありがとうございます!
定員を大きく超えるお申し込みをいただき、ただいまキャンセル待ちを受け付け中です。

5月のカモシカ企画「料理人のワードローブ」。
私たちが日々愛用するエプロンや日常着を作ってくださっているSEEPの新作を中心とした展示受注会で、連日たくさんのご来店をいただきました。
蒜山耕藝・高谷ご夫妻も愛用してくれていることもあり、この夏も「くど」でも開きます。西日本のみなさま、お待たせいたしました!
普段着と仕事着の境目なく、また性別や年齢を問わず活躍するワンピースやコート、シャツは、おいしいものや美しいものを作り、生み出す人によく似合います。
お持ち帰りになれるものも一部ありますが、新作のシャツやエプロンは基本的に受注となります。

また、SEEPの服によく似合うsiuの帽子もずらりと並びます。
1点1点すべて手で作られ同じものはひとつとなく、男女ともによく似合うのです。
頭の形がいいとは言えず髪が多い私はしっくりくる帽子とこれまで出会えずにいたのですが、siuの帽子をかぶった時の感激はいまでも忘れられません。
夫婦でものを共有することが多いので男女ともに似合い、控えめな甘さながら雰囲気があって、かぶり心地がいいという難しいハードルを軽々と超えてくれました。
角度によっても一つの帽子がまったく違う表情があるので、あれこれ試しながら選んだいただけたらと思います。

展示期間中は、毎日オカズデザインが料理します。
蒜山耕藝の作物はじめ採れたての旬の食材、土地の湧水をふんだんに使った盛夏の昼食をご用意します。
前菜盛り合わせを召し上がっていただいた後、味噌汁・白米・メインの惣菜をお出しする予定です。お値段は¥2600前後を予定しています。
メインの料理は直前の採れる食材次第ですが、蒜山耕藝の自然栽培小麦で皮から作る餃子はどうかなぁと思っています。
1日15食ですので、確実にお召し上がりになりたい方はお取り置きをお薦めします。
軽食やお持ち帰りにキッシュも焼く予定です。

info@hiruzenkougei.com
0867-45-7145
野菜の最盛期を迎え田畑の作業でお忙しく動かれているため、お電話をとれないことが多いようです。
なるべくメールにて下記の内容をご記載の上、お申込みいただければ幸いです。

日付 8月12日(月)・13(火)・15(木)・16(金)
時間 11:30-17:00(ラストオーダー16:00  昼食は11:30-14:00にご来店お願いします)
定員 各日15食
会場 蒜山耕藝の食卓「くど」 ※ページの一番下に住所と地図が掲載されています

  • 件名「盛夏の昼食」
  • お名前(フルネーム)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • ご来店日
  • 人数と、昼食のお取り置きご希望数 例:大人2人子供1人 昼食2食希望

季節の菓子として桃をつかったタルト、チーズケーキ、蒜山耕藝の最中の皮をつかったアイス最中もご用意します。
タルトとチーズケーキはお持ち帰りも可能です。
お持ち帰りご希望の方は、保冷剤と保冷バッグのご持参をお願いします。

都会よりは涼しいですが、8月に入ってから日中は30℃近くまで上がる日が続いています。
冷房がないので、涼しい服装でお越しいただくのをお薦めします。蒜山耕藝・高谷裕治さん・絵里香さんととともに、みなさまにお会いできますこと楽しみにしています!

2019. 7. 22 月曜日

八月の蒜山 その1・料理教室「キッシュとタルト」

8月はカモシカでの営業はお休みをいただき、オカズデザインの拠点・岡山の蒜山中和(ひるぜん ちゅうか)で活動します。
私たちがもっとも信頼する農家・蒜山耕藝のお店であり加工場でもある「くど」で、彼らの作物をはじめ採れたての旬の食材、土地の湧水をふんだんに使って料理します。
お盆の頃に5日間、服と帽子の展示・昼食や菓子のご提供。
そして8/9(金)・10(土)に蒜山で初の料理教室「キッシュとタルト」をひらきます。まずは料理教室のご案内です。

◇料理教室「キッシュとタルト」

私達が長年繰り返し作り続けているキッシュ。
小麦と火の香ばしく力強い風味の土台とまろやかな味わいのアパレイユ、その時ならではの季節感。きちんと手をかけると極上のご馳走に仕上がります。
今年の春、雑誌『暮しの手帖』で8ページにわたり作り方を丁寧に取材いただきましたが、誌面ではお伝えきれていないポイントや道具選びなども細やかにお伝えしたいと思います。
二種類のキッシュと、応用編としてタルトの作り方も初公開します。どうぞお楽しみに。
デモンストレーションを見ていただいた後、試食となります。

本日より先着順にメールにて受け付け、オカズデザインからの返信・クレジットカードでのご入金をもってご予約完了となります。
下のアドレスに必要事項をご明記の上、メールをお送りください。
※受付は蒜山耕藝ではなく、オカズデザインです。お間違えのないようお気をつけください。

私達にとっても久しぶりの料理教室。蒜山で開くのは初めてとなります。
蒜山耕藝・高谷夫妻と長年やりたいねと話していたことが実現できて、とても嬉しいです。
爽やかな風ふく夏の蒜山の空気を感じていただけることも、大きな喜びです。お会いできますこと楽しみにしています。

両日ともに満席となりました

日付 8月9日(金)・10(土)
時間 11:00-14:00 ※30分前に開場します
会費 7000円
定員 各日15名さま
会場 蒜山耕藝の食卓「くど」 ※ページの一番下に住所と地図が掲載されています

  • 件名「キッシュとタルト」
  • お名前(フルネーム)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • ご希望の日にち
  • 注意事項(メールを送る前に、必ずご一読ください
  1. お申込みの可否を必ず3日以内にご返信させていただきます。
  2. 携帯電話やフリーメールのアドレスではフィルタにかかり、こちらからの返信が削除される場合があります。お申込みの前にご自身のサーバーの設定をご確認いただき、@okaz-design.jp のメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
  3. お申込みから3日過ぎてもこちらからメールが届かない場合、ごみ箱や迷惑メールフォルダなどに入っていないかご確認の上、お問い合わせください。
  4. 最寄りの公共交通機関はないので、車で直接会場までお越しください。

2019. 3. 19 火曜日

coffee Kajita ×オカズデザイン コーヒー茶会 ※受付終了しました

三月の展示「柑橘と器」もいよいよ迫ってきていますが、ひと月先の特別な企画のご案内です。
昨年もご好評をいただきました、名古屋coffee Kajita・梶田ご夫妻との茶会をこの春再び開くこととなりました。
お菓子と料理の境界をたゆたうような皿を智美さんとオカズデザインが交互に3つずつお出した後、しつらえを改めて真二さんのコーヒーのお手前を召し上がっていただく贅沢な日となります。
今回は梶田ご夫妻と親交が深い金工・金森正起さんの器で全てご提供させていただくこととなりました。
一つの器に対してそれぞれどのように歩みよるのか。
器料理店ならではの催しをお楽しみいただければと思います。

智美さんのお菓子はどこまでも丁寧でストイック。それでいてしなやかで豊かな発想に溢れていて、感動と刺激をいつもいただいています。
交互に皿を出し合うことでそれぞれの素材へのアプローチが垣間見え、形は異なるけれど根本にある発想の近しさや六皿のつながりも楽しく、料理している私たちにとっても喜びに満ちた時間でした。
お菓子と料理がどこまで溶け合うのか。今回もときめきながら準備を進めています。

真二さんには展示のたびに絵を描く用に特別なブレンドを作り続けていただいて、6年目となりました。
茶会の〆で淹れてくださるのは、いつものドリップコーヒーとはまったく異なる濃厚で静かな一口。
その所作や淹れるまでの時間も含めて、湖の上で広がる水紋のようだと感じたのを覚えています。
二組の夫婦の、静かな春の茶会。ご来店をお待ちしています。


◇ご予約方法
本日より先着順に受けつけ、オカズデザインからの返信をもってご予約完了となります。
下のアドレスに必要事項をご明記の上、メールをお送りください。
3/19 22:50 全ての会で満席となりました。たくさんのお申込みありがとうございます。キャンセル待ちのご案内も終了しました。

4月18日(木)
11:00-13:00 / 13:00-15:00 / 15:00-17:00
各回6名さま ¥7000
カモシカ http://okaz-design.jp/kamosika/map_new.html

  • 件名「四月のコーヒー茶会」
  • お名前(フルネーム・お連れ様がいらっしゃる場合は、その方のお名前もお願いします)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • お申込み人数
  • ご希望の時間帯
  • 注意事項(メールを送る前に、必ずご一読ください
  1. お申込みの可否を必ず3日以内にご返信させていただきます。
  2. 携帯電話やフリーメールのアドレスではフィルタにかかり、こちらからの返信が削除される場合があります。お申込みの前にご自身のサーバーの設定をご確認ください。
  3. お申込みから3日過ぎてもこちらからメールが届かない場合、ごみ箱や自動削除されていないかご確認の上、お問い合わせください。

2019. 1. 25 金曜日

コーヒー茶会

早いもので1月ももう少しで終わり。季節の節目間近ですね。
4月に予定しているcoffee Kajitaさんとの茶会は、3月中旬以降に詳細を告知・受付スタートの予定です。いましばらくお待ちください。
金工・金森正起さんの器を使ってお出しします。
移転してから、初めての梶田夫妻との会。どんな流れとなるのか、私たち自身とても楽しみです。

2018. 7. 24 火曜日

八月の出張カモシカ 

お盆の三日間だけ、器と料理の店・カモシカが蒜山耕藝・くどに出張させていただくこととなりました。
朝採れの蒜山耕藝の野菜や土地の湧き水、日本海の魚介や搾りたての生乳などを使った夏の昼食。
東京と蒜山の地を半々で暮らすオカズデザイン。いつも東京に送ってもらっている食材たちを、一番いい状態でお出しできるのが何より嬉しい。
熱烈なファンが多い、果物を使ったケーキもご用意します。
機能的で美しい器たちも少しだけ持っていきますね。

◇盛夏の昼食 11:00-14:00(ラストオーダー13:30) ※事前ご予約制
その時手に入食材で作るのでまだ未定ですが、こんな内容をイメージしています。

ポタージュスープ
前菜盛り合わせ
夏野菜と自家製フレッシュチーズのパスタ
桃のクレープ
アイスコーヒーまたはティーソーダ

1日限定15名さま、お値段は3000円前後を予定しています。
スープとハーフパスタのお子様用のコース1500円もご用意します。

◇喫茶 14:00-17:00(ラストオーダー16:00)
暑さを和らげるような、この季節らしいお菓子やアイスクリームなどをご用意します。
こちらもメニューは未定ですが、朝採れの果物をつかったロールケーキ、ブルーベリーと自家製リコッタのアイスクリームなどが候補にあがっています。
お飲み物は湧き水で作った炭酸水で割る自家製レモネードのほか、TEALABO.t 武内由香理さん、coffee Kajita 梶田真二さんがカモシカのためにブレンドした特別なお茶とコーヒー、よく冷えたナチュラルワインやタルマーリーのビールなどをご用意します。
昼食が終わる14時頃からご来店順にご案内させていただきます。

ケーキの内容が決まりましたら、あらためてインスタグラムにて発表します。お取り置きの可否についても、あわせてお知らせします。
また、11:00-14:00は昼食のお客さま優先となるため、喫茶のみご利用の方は長くお待ちいただくこともあります。ご了承ください。

昼食のご予約は、7/26より先着順にメールにて受け付けます。
席のご予約ではなく、あくまでお食事のお取り置きになります。ご来店のタイミングによっては満席でお待ちいただくこともあるかもしれません。ご了承ください。
追記 8/9 時点で全日とも満席、ただいまキャンセル待ちとなっています。

オカズデザインからの返信をもってご予約完了となります。下のアドレスに必要事項をご明記の上、メールをお送りください。
メールアドレス

  • 件名「盛夏の昼食」
  • お名前と人数(フルネーム)
  • メールアドレス
  • 当日ご連絡がつく携帯電話番号
  • お申込み内容(例:昼食2食、子供用1食)
  • ご来店の日時の目安(例:14日11時)
  • 注意事項(メールを送る前に、必ずご一読ください
  1. お申込みの可否を必ず3日以内にご返信させていただきます。
  2. 携帯電話やフリーメールのアドレスではフィルタにかかり、こちらからの返信が削除される場合があります。お申込みの前にご自身のサーバーの設定をご確認ください。
  3. お申込みから3日過ぎてもこちらからメールが届かない場合、ごみ箱や自動削除されていないかご確認の上、お問い合わせください。
  4. お食事をされない乳幼児のお子様をお連れの場合、その旨もご連絡ください。上がりのお席へのご案内など、出来る限り配慮させていただきます。

2018年 8/13(月)・14(火)・15(水)
11:00-17:00
蒜山耕藝の食卓「くど」
〒717-0513 岡山県真庭市蒜山下和1418-2
0867-45-7145
※ 蒜山耕藝は現在農繁期のため、お問い合わせは出来る限り上のメールへお願いいたします。
※ 8/11(土)・12(日)は、くどの通常営業日で定食などをご提供されています。詳しくは蒜山耕藝のHPをご覧ください。