2011. 8. 15 Monday

小泉佳春さん

四国の旅からとっくに戻っております。更新遅くなりました。
ちゃんと仕事を片付けていったはずなのに、帰ったらどーんとたまっていました。おかしい。
でも四国で太陽と水と人の温かさにどっぷりふれて、体中の気がめぐったようにエネルギーがあふれていて、元気にさくさく動ける。
そんな中、写真家の小泉佳春さんの訃報が届き、昨夜お別れの会に伺いました。
会場に飾られていた、小泉さんが撮ったご家族の写真の温かさと美しさに、言葉をなくしました。

以前にも書いたけど、小泉さんは私たちがはじめてメディアに出た折に写真を撮っていただいた方。
取材そのものにも慣れておらず、ましてや本や雑誌でよく見ている小泉さんに撮っていただいているのが不思議でなりませんでした。
うちの犬が小泉さんにめちゃめちゃなついて、離れなかった。ひざに乗せながらシャッターを押す小泉さんの姿をよく覚えています。もりもりとおいしそうにご飯を食べてくれた。
それから数年たって、今年1月発売のdancyuの表紙と特集の料理を撮っていただくことに。
たったの二回。
でも、どちらも忘れられない写真となり、小泉さんからたくさんのものをいただいたと感じています。
また一緒にお仕事できるとおもっていたので、知らせを受けて、体から力が抜けました。

dancyuは、一時退院されていた折に撮っていただきました。
最初に撮った時の料理もよく覚えてくださっていた。
またすぐ入院されてしまい、一緒にお仕事できたのは奇跡だったのだと思う。
もっともっと話したかったし、ご飯を食べてもらいたかったな。
ご恩をいただきっぱなしで、何ひとつお返しできなかった。

撮っていただいた料理写真たち。ずっと大事にします。

2011. 6. 10 Friday

小説と料理と

カレー漬けの日々が一区切りつきました。
中でもタイカレーの出来は自分らで言うのもなんですが素晴らしく、これは皆さんに食べていただきたいなー。
国産の青唐辛子はタイのものより辛味もやわらか。
これから旬だし日持ちもするし、自家製のグリーンカレーペースト作り、お薦めです。
来月、サントリー烏龍茶のHPでレシピ公開予定です。

いまはチャーシューとソーセージ漬けの日々です。
そこにコンビーフも追加されそうな予感。実に肉肉しい。
昼間こういったものの試作や試食をして、朝は玄米と味噌汁。
夜ごはんは、試食 / 季節の食材でささっと料理 / 人と会う、それぞれ2~3日ずつ。
普段はそんな食生活です。

さて今日これから、新しい仕事のために長い小説を読み始めます。
ありとあらゆる芸術や娯楽の中で、一番好きでたまらないのが小説。
他の事がどうでもよくなってしまうくらい、理性がふっとんで夢中で入り込んでしまうので、普段は可能な限り手にとらないようにしてます。
仕事だから。と言い訳しながら表紙をめくる前からどきどき。
あー久しぶり、こんな気持ち。恋がはじまる前みたいです。

2011. 5. 3 Tuesday

総集編と『てっぱんごはん』

3日と4日、二日間にわたってNHK連続テレビ小説『てっぱん総集編』が放映されます。
時間は朝8時15分から10時まで。
って、お知らせが遅すぎでごめんなさい。
多くのお問い合わせをいただいたあの料理やこの料理の作り方も、遠藤憲一さんのスペシャルナレーションでご紹介してますよー。
映像は全てわれらのアトリエで撮ったもの。
本編収録終了直後に撮ったものもあって、なんだか感慨深いです。

実はこの総集編、まったく別のシナリオでほぼ完成まで進んでいたそうなのですが、震災を受けて急遽一から練り直したと演出チームから聞きました。
前の内容とどう変わったのかは分からないけど、しみじみとしたやさしさ、明るさを感じさせてくれる総集編だと思います。
改めて『てっぱん』に関われたこと、しあわせに思います。ありがとう、てっぱん。

てっぱんレシピは本にならないのか、というお問い合わせもよくいただきます。
何度か話があがったものの、本編制作中の本作りが難しかったため、残念ながら実現には至りませんでした。
ただ、多くの反響をいただいたおかげで、『てっぱん』DVD・BOX2の特典小冊子として登場することに!
タイトルは『てっぱんごはん』。
基本の出汁のとり方もふくめた小レシピ集。
初公開の、出汁を使った初音さんロールキャベツの作り方も載ってます。
なんと小冊子のデザインも担当。料理とデザインですよ。
オカズデザインらしい仕事で、1年以上関わった『てっぱん』を締めくくれて本当にありがたかったです。

小冊子に載り切らなかったレシピも、特典映像としてご紹介しています。
多くの方に手にとって、長く楽しんでいただけたら嬉しいです。

2011. 4. 3 Sunday

NHK「てっぱん」終了しました!

ブログに「!」を使うのは避けようと決めているのですが、しかし、使わずにはおれません。
1年以上関わったNHK連続テレビ小説「てっぱん」。
昨日4/2に無事終了しました!わー!!

思えば井上チーフ監督はじめ演出部の皆様が大阪からやってきて、料理を担当してほしいと言われたのがちょうど1年前。
一つのことを大勢で作り上げていく映画は、喜びと刺激は果てしないけど消耗も大きく、映像の仕事はもうやらない。と決めていた矢先のことでした。

著名なフードスタイリストさんがたくさんいらっしゃる中、映画一本に関わっただけの料理人に依頼するというのは異例のこと。加えて、大阪と東京の距離。
私達も戸惑いましたが、てっぱん演出部にとっても大きな賭けだったと後から聞きました。
それでもやってみようと思えたのは、このチームとだったらごくまっとうな料理を作れるのかもしれない。
料理ひとつにまっすぐな想いをぶつけてくる、この人たちの作るものに関わってみたい。
そんな気持ちからでした。

終えた今思うのは、あの時感じたことは間違っていなかったということ。
そして大きな大きな「ありがとう」という気持ちです。
毎日笑い、泣き、感動してもらえる作品に関わることが出来て、日本中でおいしそう、食べたいと言ってもらい。
こんな幸せなことはありません。
長いようで、あっという間の1年でした。
この経験はわたしたちの根っこを、さらに確たるものにしてくれたように感じています。
てっぱんのキャッチコピー「かならず腹はへる。かならず朝は来る。」
ここ最近、この言葉がいっそう輝いてみえます。

毎日観て下さっていた皆様、本当にありがとうございます。
また、チームてっぱんの皆様。そして現場でのサポートはじめ、色んな知恵やご協力をいただいた関西在住の友人達。心から感謝しています。ありがとう。
今、DVD発売の準備に走り回っています。それで、てっぱんの仕事は一区切り。
無事発売となったら、てっぱんダンス踊って祝杯あげたいと思います。

てっぱんの台本

そうそう、お知らせです。
てっぱんの中で反響が大きかった料理の作り方をご紹介した動画「てっぱんごはん」。
てっぱん公式HPで公開中です。
先に公開された玉子丼・きつねうどんに続き、グラタンや大豆ご飯、コロッケなど5品が追加されました。
ぜひ作ってみてください。

2011. 3. 7 Monday

三月の雪

一月ぶりの更新です。
この間、本当にたくさんのことがありました。
NHK「てっぱん」の本編がクランクアップ。
オカズ初連載の『In Red』「台所ことこと」が終了。
また、療養中の秀治父が逝去しました。
たくさんのことを悔やみ、感謝し、やっと最近落ち着いてきたところです。

てっぱん終わって気が抜けたのではと色んな方から聞かれますが、まだ絶賛放映中だし、関連する仕事も色々続いていて、いまいち終わった気がしないのです。
そうそう、NHKの2分番組・プレマップで、「きつねうどん」と「玉子丼」の作り方が繰り返し登場していますが、近々また新しい料理が追加されます。楽しみ。
放映日時決まったら、またお知らせします。

4月は久しぶりに台所アトリエ・カモシカでイベントを開きます。
これまた近日中に内容をアップしますので、どうぞお楽しみに。