2011. 6. 23 Thursday

ビールの季節。

むしむしですね。ビールうまーいですね。
オカズデザインでも絶賛ビール大会です。
シリーズで続けている、サッポロビール黒ラベルにあう料理開発。
「大人の夏飲み」メニュー4品、焼き枝豆・ドライキーマカレー・塩豚のロースト・椎茸とズッキーニのピザが公開されたばかりですが、撮影はすでに冬へ突入。
この暑いのに鍋4種類。ぐつぐつぐつ。ますますビールが進みます。

レシピにあわせて動画も公開されました。
恥ずかしくて転げたくなりますが、黒ラベル飲んで笑いとばしてやってください。

もう一つは、来月からはじまる「センヌキビールグラスバー」企画にあわせての料理。
そう、2年前に神楽坂でやったあのイベントに、今回もお声かけていただきました。
コエドビールの5種類の個性あふれるビールを、6人のデザイナーが作ったセンヌキでシュポッとあけて、木村硝子さんのグラスに注いで。想像するだけでたまりません。
5組の料理家が2日間ずつ料理を担当し、つまみを作ります。
オカズは4組目、七夕の7日と8日担当。晴れるといいなー。
他の方の料理も食べたい。
腸に肉詰めてひねったり、内臓をワインとスパイスで煮たりと、せっせと開発にいそしんでます。
メニューが確定したら、またアップしたいと思います。

2011. 6. 10 Friday

小説と料理と

カレー漬けの日々が一区切りつきました。
中でもタイカレーの出来は自分らで言うのもなんですが素晴らしく、これは皆さんに食べていただきたいなー。
国産の青唐辛子はタイのものより辛味もやわらか。
これから旬だし日持ちもするし、自家製のグリーンカレーペースト作り、お薦めです。
来月、サントリー烏龍茶のHPでレシピ公開予定です。

いまはチャーシューとソーセージ漬けの日々です。
そこにコンビーフも追加されそうな予感。実に肉肉しい。
昼間こういったものの試作や試食をして、朝は玄米と味噌汁。
夜ごはんは、試食 / 季節の食材でささっと料理 / 人と会う、それぞれ2~3日ずつ。
普段はそんな食生活です。

さて今日これから、新しい仕事のために長い小説を読み始めます。
ありとあらゆる芸術や娯楽の中で、一番好きでたまらないのが小説。
他の事がどうでもよくなってしまうくらい、理性がふっとんで夢中で入り込んでしまうので、普段は可能な限り手にとらないようにしてます。
仕事だから。と言い訳しながら表紙をめくる前からどきどき。
あー久しぶり、こんな気持ち。恋がはじまる前みたいです。

2011. 6. 2 Thursday

水無月

6月ですね。早いもんです。
梅雨なのに水無月?と思っていたら、「無」は助詞で「の」と同じ意味だそう。
水の月。なるほどー。

5月後半から絶賛料理制作月間。
いま数えてみたら夏までに70レシピ作らなきゃいけないことが判明しました。
ただでさえ試作に時間かかるのに、うーん。大丈夫なのだろうか(おい)。
いまはカレーとカレーパン漬けの毎日です。
胃はひーひーいってますが、かなりおいしいものが出来つつあります。

そんなこともあってカモシカ企画、またしばらくお休みとなります。
8月はNHK『てっぱん』にも登場したあの料理が、スペシャルな形でお出しできそうです。どうぞ楽しみにしていてください。
その後も毎月、日本の各地からすんばらしい作り手たちがやってきてくれる予定。
あー楽しみでうずうずしてます。

2011. 3. 24 Thursday

魚が好きだ

築地で生鮮品が売れず、深刻な状況になっている。
特に魚。理由は日持ちがしないから。
ならばと大量に鰯を仕入れ、友達と保存食を作ることにしました。
たくさん出来たらあちこちに送れるし、地震以来会っていなかった友達の顔も見たかったのです。

前日に声をかけたにも関わらず、20人集合。
10キロの背黒鰯はアンチョビとオイルサーディンに。
2キロのミニトマトは天日で干してセミドライトマトに。
10束のルッコラは落花生やハードチーズとあわせペーストに。
瞬く間にどんどん仕込まれていった。
なんてことない会話をしながら料理を作り、みんなで食卓を囲む。
なんて素敵なことなんだろう。発案者の山崎宏さんに感謝!

築地で仕入れたセグロイワシ

手を動かして大勢でなにかを仕込むのは楽しいし、なんだかほっとした。
これから定期的に魚保存食作りをカモシカでやりたいなーと思っていたら、今週になって放射能による食品汚染の風評が流れ出す。
海まわりにとってますます厳しい状況になってきた。
出汁の材料、昆布やかつお、煮干しだって海産物ですよ。
それに、お米をはじめあらゆる農作物は日本人には欠かせない。
野菜が好きだ。魚が大好きだ。
ゆるやかにでも何か恩返しできないだろうかと、来年スタート予定の新連載に魚料理を提案してみたけど、残念ながら通らず。
安心して食べてもらえるためになにが出来るか、引き続き考え中。

今週末は巣巣さんのチャリティーマーケットに参加予定です。
ほうろうのコーヒーポットやガラスのフードカバーなど、台所もの中心に出品。
田坂さんの無農薬レモンで仕込み、3ヶ月熟成させておいたレモネードも召し上がっていただけます。
野良かと思うくらい素朴で、みずみずしくのびやかなレモンそのまま、涙が出そうになるくらいやさしく力強く仕上がっています。
ゆっくりいいもの探しながら、温まっていただけたらうれしい。

4月に開催予定の台所アトリエ「カモシカ」でのイベントも、被災地のお役に立てたらと考えています。
ほっとする時間と空間にできるよう奮闘中。
ここ数日中に詳細をお知らせします。

2011. 2. 1 Tuesday

昼ビール

更新また空いてしまいました。
少々仕事がたてこんでいて、NHK「てっぱん」の作業の合間に、せっせとレシピ開発やデザイン作業。
そのひとつに「ビールにあう料理」というお題があり、これが危険。
実際に相性がぴったりか、料理の完成ごとにプシュッ。ごくごく、ぷはー。
れっきとした仕事です。はい。
ただ、困ったことに飲むと労働意欲がゆるやかーに下降する。
どこか後ろめたい昼ビールであることが、「あーもー今日はいっかー」という気分を増進させるんだろうか。
夕方ごろから試作を進めて、仕事終わりに試食。という形にするしかないかいな。

と、ここまでが4日前に書いた文章。
実はこの後、夫婦揃ってインフルエンザ発症。
こうなると料理の仕事は完全にストップ。
デザイン業務を健やかな森影さんにまかせ、高熱と寒気と関節痛にうんうんうなること数日。
たくさんの方にご迷惑おかけしてしまいました。

当たり前だけど仕事はさらに山積みになり、自宅で試作再開。
もうのんきなことは言ってられません。
ずっとお粥続きだったのが、いきなり揚げ物続き。
ウイルスを撃退中の体よ、ほんとごめん。
ビールはやはりまだ受け付けず、二口が精一杯。数日前のお気楽さはみじんもありません。
ただ、まっさらになって休めたおかげか体も気持ちもクリアーで、けして料理の出来は悪くない。
これなら遅れを取り戻せそう。

いよいよ2月に入り、「てっぱん」の料理撮影も最後の山場が続きます。
登場する料理について、連日うれしい反応をたくさんいただいてます。
家族も自分のことのように喜んで、ずっと応援してくれている。
その気持ちに応えたい。

写真は以前の放送で登場したカツカレー・試作段階のもの。
本番は野菜とスープだけのさらっとしたルーに仕上げましたが、この時はルーに挽肉を使いました。
初音さんらしさはともかく、これはこれでパンチがあり、なかなかおいしかった。
これまたビールがほしくなる料理。